プロペシアジェネリック医薬品のフィナステリドという成分

プロペシアは飲む発毛剤として非常に有名です。

 

医療機関でしか処方されていませんが、海外からジェネリックタイプを個人輸入することも可能で、実際に利用している方も少なくありません。

 

こちらでは、そんなプロペシアジェネリック医薬品であるフィンペシアなどに含まれるフィナステリドといった成分について徹底解説します。

 

どのような経緯で作られた成分なのでしょうか。

 

どんな効果を持っているのでしょうか。

 

 

■フィナステリドが生み出された経緯

 

・前立腺肥大症改善薬として製造された

 

フィナステリドは前立腺肥大症を抑える薬として開発されました。

 

プロスカーといったネーミングで実際に医薬品として利用されているのです。

 

そのプロスカーを利用した患者さんの髪の毛が増える、といった現象が確認されました。

 

その結果、飲む発毛剤としての研究開発が始まったのです。

 

現在プロペシアで使われているフィナステリドですが、前立腺肥大症改善薬として利用されているものよりも、容量が低めに抑えられています。

 

副作用が出にくくなるように考えられているのです。

 

・プロペシアのフィナステリド容量・・・1錠あたり1.0ミリグラム
・プロスカーのフィナステリド容量・・・1錠あたり5.0ミリグラム

 

容量を5分の1にしたのですが、それでも副作用が全く出ないわけではありません。

 

様々な副作用報告のある医薬発毛成分でもあるので、利用には注意してくださいね。

 

 

■フィナステリドによって得られる効果とは?

 

・男性型脱毛症を抑える効果のみある!

 

複数の脱毛症に効果的な成分ではありません。

 

男性型脱毛症にピンポイントで効果を発揮する医薬発毛成分なのです。

 

男性型脱毛症特化型発毛成分、といっても過言ではありません。

 

 

・フィナステリドの効果のメカニズム

 

男性型脱毛症は、睾丸から分泌されるテストステロンと体内にある酵素の5αリダクターゼが結合してジヒドロテストステロンが生み出されることによって発生します。

 

フィナステリドは5αリダクターゼの働きを抑えることが可能なのです。

 

要はテストステロンと結合しにくい状態になるので、薄毛の元凶であるジヒドロテストステロンを低減させることが可能です。

 

ジヒドロテストステロンは、前頭部や頭頂部の髪の毛に大きな影響を与えてしまいます。

 

髪の毛の脱毛を促してしまうのです。

 

フィナステリドを摂取すればその物質がなくなるので、薄毛が回復します。


ジェネリックの育毛剤@低価格なのに効果あり!?安全性は?

ジェネリック医薬品は数多く販売されています。

 

育毛に関するジェネリック医薬品があることも知っているでしょうか。

 

たとえば、あのプロペシアもあるんですよ。

 

「プロペシアの薬としての権利はまだ切れていないはずなのに、なぜジェネリック医薬品があるの?」といったことを思っている方もいるかもしれません。

 

実は、国によっては医薬品の権利がないところもあるのです。

 

代表例としてはインドです。

 

インドでは、権利が切れていないジェネリック医薬品の製造が認められています。

 

こちらではそんな発毛に関わるジェネリック医薬品に本当に効果があるのか、さらに安全性に問題はないのか、といったことを解説します。

 

 

■ジェネリック医薬品の効果について

 

・入っている成分は一緒

 

プロペシアの有効成分は「フィナステリド」といいます。

 

前立腺肥大症の改善作用がある成分として知られているわけですが、ジェネリック医薬品にもしっかりとフィナステリドは含まれています。

 

ミノキシジルに関しては、血圧降下剤として製造された過去があります。

 

そこから発毛効果があるとのことで発毛剤として転用されたのです。

 

ジェネリック医薬品タイプのミノキシジルに関しても、全く同じものが利用されています。

 

入っている成分が一緒なので、同じような効果が得られることは間違いありません。

 

フィナステリド含有のジェネリック医薬品であれば、5αリダクターゼの抑制効果があります。

 

ミノキシジル含有のジェネリック医薬品であれば、血管を拡張して血行を直して髪の毛に栄養を送り込みやすくする効果が得られるのです。

 

成分も一緒でしかも値段が安い、といったことであればどうしても利用したくなってしまいますよね。

 

しかし、問題もあるのです。

 

実は、安全性に疑問符がつきます。

 

 

■ジェネリック医薬品には危険性が隠れている

 

・偽薬の可能性あり

 

ジェネリック医薬品の一定数には、偽薬が紛れ込んでいることは否めません。

 

前述したフィナステリドやミノキシジルが含まれていることには違いないのですが、よくよく調べてみると含有量に違いがあるのです。

 

フィナステリド1.0ミリグラムと表記されていても、0.7ミリグラムしか含まれていなかったり、1.2ミリグラムも含まれている、といったケースも多く報告されているほどです。

 

容量が少なければ効果は得られにくいですし、容量が多ければ副作用の出る確率が高まります。

 

ジェネリック医薬品の利用は危険と隣り合わせです。

 

 


低刺激・低価格のジェネリック育毛剤@効果や危険性は?

育毛アイテムを選んでいる男性はかなり多いと思います。

 

最近では、薄毛に悩んでいる男性が増えている傾向に有る、と言われています。

 

日本における1980年代の男性の薄毛率は10%台であったのに、2000年代には20%台になりました(アデランスの調査より)。

 

こちらでは、国内通販で手に入る育毛剤で最もおすすめなものは何か、さらにオオサカ堂の育毛系ジェネリック医薬品の中で最も評判が高いのは何なのか、といったことをお話します。

 

 

■国内通販で最もおすすめな育毛剤|チャップアップ

 

・現状で最高峰の育毛剤

 

チャップアップには安全性の高い成分が多く含まれていること、さらに配合されている成分のバランスが取れている、といったメリットが有るのです。

 

数十種類の成分が含まれていることもプラス材料です。

 

・センブリエキス
・グリチルリチン酸
・ジフェンヒドラミン
・M-034エキス
・ビワ葉エキス
・オウゴンエキスなど

 

特に育毛に効果的と思われる成分をちょっとあげただけでもこれだけあります。

 

・血行促進作用、
・保湿作用
・5αリダクターゼ対策作用
・頭皮の菌抑制作用
・抗炎症作用など

 

これだけ多くの機能を持っている成分が配合されているのです。

 

また、無添加であることも見逃せません。

 

頭皮に負担をかけることのない育毛剤なのです。

 

育毛剤は一度利用し始めたら長期的に活用していくことになります。

 

安全性の高い育毛剤でなければ、長いお付き合いは出来ませんよね。

 

その点、チャップアップには長期的に利用しても大きな問題は発生しない、といったメリットが有るのです。

 

 

■オオサカ堂のジェネリック医薬品でおすすめのもの|ミノキシジルタブレット

 

・飲むミノキシジル

 

最大の発毛効果があるとされているのが、ミノキシジルタブレットです。

 

飲むことで、全身の血行が高まる、といった機能を有しているのです。

 

その結果、髪の毛にも栄養が行き渡るようになり、太くて逞しい髪の毛が生えてきます。

 

その効果の高さから、多くのリピーターがオオサカ堂を利用しています。

 

口コミの数も、2016年1月の現在で500もあるほどです。

 

 

・危険性もある!

 

ミノキシジルタブレットは強力なパワーがあるがゆえに、デメリットも存在しています。

 

実は副作用の発生率が高いのです。

 

血圧に問題が生じてしまったり、動悸や息切れ、といった症状が出ることもあります。

 

全身から毛が生えてくる多毛症にもなりやすいです。

 

ミノキシジルタブレットですが、10ミリグラムタイプを利用する場合には、半分に切って利用する、といったことも副作用対策として重要ですよ。

 

 





注目の記事@実力の育毛剤を実際使ってみた↓↓