ノコギリヤシの育毛メカニズム!育毛効果って本当にあるのか?

飲む発毛剤のプロペシアは、副作用があるから利用したくない、としている男性が多いです。

 

確かに、身体を危険にさらしてまで髪の毛をフサフサにしたくない、といった方もいるでしょう。

 

そんな方が注目しているのがノコギリヤシです。

 

天然成分なので副作用の心配もほとんどありません。

 

一方で、ほんとうに効果のある成分なのかを疑っている方もいるかもしれません。

 

こちらではノコギリヤシの効果の仕組みを解説します。

 

本当に、プロペシアのような効果を発揮してくれるのでしょうか。

 

 

■ノコギリヤシとプロペシアの有効成分の働きは似ている!

 

・前立腺肥大症対策として利用できる

 

プロペシアに含まれている有効成分の「フィナステリド」は、もともと前立腺肥大症対策として開発されました。

 

実際に、前立腺肥大症の患者さんにも利用されています。

 

一方の、ノコギリヤシですが、実はこちらも前立腺肥大症の患者さんに利用されているものなのです。

 

双方ともに、同じような効果がある、といったことは間違いありません。

 

 

■ノコギリヤシとプロペシアの育毛効果の仕組みとは?

 

・5αリダクターゼの活性度合いを引き下げる

 

男性型脱毛症ですが、睾丸から発生した男性ホルモンのテストステロンと体内にある酵素の5αリダクターゼが結合することによって発生してしまいます。

 

結合すると、脱毛原因物質である「ジヒドロテストステロン(DHT)」が発生してしまうのです。

 

ジヒドロテストステロンは非常に厄介な存在で、髪の毛の成長を止めてしまいます。

 

その結果、髪の毛は産毛以上に成長しなくなってしまうのです。

 

そこで出番になるのが、ノコギリヤシとフィナステリドです。

 

双方ともに5αリダクターゼの働きを抑制する機能があります。

 

5αリダクターゼの働きが弱くなれば、テストステロンと結合しにくくなります。

 

ジヒドロテストステロンの発生も抑制されるので、結果的に男性型脱毛症が改善する、といった結果が得られるのです。

 

 

■ノコギリヤシとプロペシア|どっちの効果が高いのか?

 

比較実験がされたわけではないので、はっきりとはわかっていません。

 

しかし、プロペシアについては、医薬品として製造されていることもあり、しかも、しっかりとした臨床試験の結果が出ています。

 

半分以上の方に何らかの良い結果が出ました。

 

確かに、ノコギリヤシにも効果がないとはいえませんが、どちらの効果が高いのかと聞かれれば「プロペシア」となります。

 

ただし安全性は、ノコギリヤシが圧倒的に高いことは指摘しておかねばなりません。





注目の記事@実力の育毛剤を実際使ってみた↓↓