育毛剤は効果がある事もあれば逆効果になってしまう事もある!?

育毛剤で薄毛が進行してしまうこともあるのか、といったことを気にしている方は多いです。

 

こちらでは、育毛剤のデメリットの面に焦点を当ててお話します。

 

育毛剤に関して怖い気持ちがある、といった方は必見です。

 

 

■医薬発毛成分が含んでいるものには注意すること

 

・初期脱毛が起こる可能性あり

 

天然成分系の育毛剤の場合にはあまり報告されていない副作用ですが、リアップやプロペシアといった医薬発もう成分を含んでいる育毛剤・発毛剤には、副作用の一つとして初期脱毛があります。

 

発毛成分の影響で髪の毛のサイクルに変化が現れて、大量に脱毛してしまうことがあるのです。

 

ただ、初期脱毛に関しては、効果が出ている証拠と捉えているケースが多いです。

 

初期脱毛が起こってからしばらくすると髪の毛が生えてくるのです。

 

ですからそれほど気にしなくても良いかもしれません。

 

一時的に髪の毛が薄くなり、しばらくすると復活する、といったケースが多いです。

 

 

■頭皮に負担をかける育毛剤は逆効果となりやすい

 

・頭皮環境が悪化すると薄毛が促進する

 

育毛剤は、基本的に頭皮環境を良くする機能があります。

 

しかし、頭皮に負担をかける成分が含まれていることもあります。

 

育毛剤の殆どに含まれているエタノール(アルコール)が代表例でもあります。

 

頭皮に負担がかかって赤みがかってしまうと、その修復にお肌の栄養が使われてしまいます。

 

髪の毛に使われる栄養まで取られてしまうかもしれません。

 

髪の毛が長く成長しなかったり、抜けてしまう、といったことも十分に考えられるのです。

 

 

・天然系育毛剤であればリスクは少ない

 

植物エキスなど天然の成分のみを利用している育毛剤であれば、頭皮環境が悪化する事は殆どありません。

 

確かにエタノールは含まれていますが、その他に頭皮環境をカバーしてくれる成分が多く含まれ得ているのです。

 

保湿作用や抗菌作用、更に抗炎症作用などがしっかりと機能すれば、頭皮環境は良くなり育毛に即した環境が整います。

 

 

■自分にマッチングした育毛剤を利用すること

 

どんなに素晴らしい育毛機能を持ったアイテムを利用したとしても、あなたにマッチングしていなければ、逆効果となってしまいかねません。

 

たとえば、乾燥肌であるのに、保湿機能がない育毛剤を使ってはより良い効果が出ることは考えにくいです。

 

一方で、オイリー肌なのに保湿機能がある育毛剤を使うのも逆効果になってしまいかねませんよ。





注目の記事@実力の育毛剤を実際使ってみた↓↓