育毛剤ボストン(BOSTON)スカルプエッセンスの効果について

ロングセラーになっている育毛剤もあります。

 

その一つに「育毛剤ボストン(BOSTON)スカルプエッセンス」があります。

 

リピーターが非常に多いのです。

 

こちらでは、なぜ育毛剤ボストン(BOSTON)スカルプエッセンスの人気が高いのか、といったことを調べるために効果について徹底調査してみました。

 

成分から期待できる効果を解説していきます。

 

 

■育毛剤ボストン(BOSTON)スカルプエッセンスに含まれる注目成分と効果

 

・ピディオキシジル

 

あまり馴染みのない成分名かも知れませんが、今最も注目されている最新育毛成分です。

 

別名では「ミノキシジル誘導体」といったことも言われているのです。

 

実は分子配列をチェックしてみると、ミノキシジルとピディオキシジルにはほとんど違いがありません。

 

ほとんど一緒の成分なのです。

 

ミノキシジルには、血管の拡張作用があります。

 

血行を良くして頭皮に血流がしっかりと行き渡るように考えられているのです。

 

ピディオキシジルに関しても、それと似た効果があると考えられています。

 

さらに注目して欲しいのが副作用です。

 

ミノキシジルには副作用があるわけですが、ピディオキシジルにはほとんど副作用報告がありません。

 

それだけ安全性が高い育毛剤なのです。

 

 

・キャピキシル

 

こちらも最新育毛成分の一つです。

 

アカツメクサ花エキスと「セチルテトラペプチド-3を組み合わせて作られています。

 

要は、植物エキスとアミノ酸を組み合わせたものなので、危険性があるわけではありません。

 

キャピキシルの主な効果としては、毛母細胞の働きを活性化させることです。

 

薄毛になっている方の毛母細胞は大いに弱っているので、そこにメスを入れてくれるのがキャピキシルと言えます。

 

男性型脱毛症へのピンポイントな効果も期待できます。

 

そもそもアカツメクサ花エキスには、ビオカニンAと呼ばれる成分が含まれています。

 

その成分には、5αリダクターゼの働きを阻害する効果があり、AGAの改善作用が期待されているのです。

 

キャピキシルにもミノキシジルと似た作用があることでも知られていますが、ある興味深い実験が行われています。

 

ミノキシジルとキャピキシルの育毛効果を比較した実験なのですが、なんとキャピキシルの方がミノキシジルよりも3倍もの効果が認められました。

 

発毛剤よりも効果がある成分を育毛剤ボストン(BOSTON)スカルプエッセンスは含んでいるのです。

 

※LUCAS MEYER COSMETICS社の調査結果より

 

 

■育毛剤ボストン(BOSTON)スカルプエッセンスの安全性

 

・安全な育毛剤

 

高い能力があるとなると、気になるのが副作用です。

 

しかし、その点も安心です。

 

入っている成分には危険なものがありません。

 

頭皮環境を改善させる作用もあるほどで、副作用の心配はほとんどないのです。





注目の記事@実力の育毛剤を実際使ってみた↓↓