育毛剤を使っても生えない場合の対処方!若い僕らは時間が勝負

育毛剤の利用はなるべく早いほうが良いとされています。

 

年齢が高くなってしまうと、毛母細胞の働きも弱ってしまい、どんな対策をしたとしてもよい効果が得られにくいのです。

 

しかし、中には若い時に育毛剤を使ったとしてもよい効果が得られないことがあります。

 

そんな時はどんな対策法がおすすめなのでしょうか。徹底解説します。

 

 

■育毛サプリメントを併用してみる

 

・問題はあなたの体内にあるのかも

 

育毛剤は、あくまで外から髪の毛に対して良い効果を与えよう、とするものです。

 

たとえば、頭皮環境を改善して髪の毛が生えやすい状態にする、といったものがあります。

 

また、血行を高めて髪の毛に豊富な栄養を送り届ける、といった目的を持ったものもありますよね。

 

一方で、薄毛の原因は外からでは対処できない場合もあります。

 

そもそも、あなたが偏食すぎて、髪の毛に必要な栄養素が足りていない、といったことも考えられます。

 

そんな方がいくら育毛剤を使ったとしても、良い効果が得られるとは考えられません。

 

そこで出番になるのが飲むタイプの育毛剤です。

 

いわゆる、育毛サプリメントといったものがおすすめなのです。

 

育毛サプリメントには様々な成分が含まれています。

 

健康的な髪の毛が生えてくるために必要な栄養素がこれでもか、と含まれているんですよ。

 

偏食気味で髪の毛に必要な栄養素をほとんど摂取していない方は、必ず育毛サプリメントを併用してください。

 

 

■ストレス対策を実行すること

 

・睡眠時間の確保が有効

 

育毛剤の効果が出なかった場合ですが、ストレスが大きく関連している可能性があります。

 

ストレスには血管を収縮させてしまう機能があり、髪の毛に栄養を送りにくくしてしまうのです。

 

塗布型育毛剤を利用しても、24時間強いストレスに晒されている場合には意味がなくなってしまいます。

 

ストレス対策としておすすめなのが、睡眠時間の確保です。

 

1日あたり7時間程度の睡眠を取ってください。

 

寝ることで脳がリラックスしてストレスがしっかりと解消されますよ。

 

髪の毛にも良い働きが出てきます。

 

 

■禁煙をすること

 

・育毛剤の効果を無にしてしまうほどの作用あり

 

タバコには血管を収縮させてしまう作用があります。

 

タバコにはニコチンがありますよね。

 

ニコチンには強い血管収縮作用があり、髪の毛に栄養が送られにくくなります。

 

育毛にはタバコは無用なので、早急に禁煙対策を実施してくださいね。





注目の記事@実力の育毛剤を実際使ってみた↓↓