育毛剤で白髪予防はできるのか?白髪と育毛剤の関連性とは

髪の毛の悩みとしては、薄毛以外にも白髪といったものがあります。

 

年齢を感じさせる髪の毛の状態は薄毛だけではありません。

 

そもそも、白髪は若い段階から出てきてしまうケースも少なくありません。

 

白髪染めを行えばよいのですが、アレルギーなどが発症してしまったり、お肌を痛めてしまうこともありますよね。

 

白髪染めによって薄毛を招いてしまうことだって考えられるのです。

 

こちらでは、白髪の予防に育毛剤が役立つのか、といったことをお話します。

 

白髪家系である方は、予防のために育毛剤を利用してみようと思っているかもしれません。

 

果たして、育毛剤は有効的な手段なのでしょうか。

 

 

■育毛剤で白髪の予防はできない!

 

・薄毛になるメカニズムと白髪になるメカニズムは違う!

 

仮に薄毛になる理由と白髪になる理由が一緒であった場合には、育毛剤でも回復するケースがあります。

 

しかし、白髪になるメカニズムは薄毛とは全く異なるのです。

 

加齢などの理由からメラニン色素の働きが弱まって髪の毛に色を付けなくなってしまうのが白髪です。

 

確かに、薄毛にも加齢は関わってきますが、メラニン色素が関わることはありません。

 

白髪対策をするためには、メラニン色素対策が必要になるわけで、薄毛対策が必要になるわけではありません。

 

一方の育毛剤ですが、メラニン色素を活性化する働きはなくて、基本的に毛母細胞を活性化させる働きに終止しています。

 

髪の毛の成長には毛母細胞が健康であることが欠かせないわけです。

 

仮に毛母細胞が元気になったからといって白髪が治るわけではありません。

 

元気な白髪が生えてくるだけです。

 

 

・育毛剤メーカーも白髪について効果アリとはしていない

 

様々な広告文句を利用している育毛剤ですが、そのほとんどが白髪に対しての記述がありません。

 

育毛剤メーカーも白髪に効果がないことはわかっているのです。

 

 

■白髪染めをしている方が育毛剤を利用するのはおすすめ!

 

・頭皮環境の改善にも役立つ

 

白髪染めは、非常に強い刺激を頭皮に与えてしまいます。

 

白髪染めを擦るたびに、頭皮湿疹が出来てしまう、といった方も多いのではありませんか。

 

その頭皮環境の悪化に関してですが、そのままにしておくと、薄毛を促進させる原因となります。

 

健康的な土台にしか、健康的な髪の毛は生えてこないものなのです。

 

白髪染めを利用している方は、頭皮環境を清浄化させるために育毛剤を活用しましょう。

 

保湿効果があったり、抗炎症作用などもあるので、堅牢なお肌を作るのにも役立ちますよ。

 

白髪染めによってダメージを受けにくい頭皮を生成できるかもしれないのです。





注目の記事@実力の育毛剤を実際使ってみた↓↓