円形脱毛症は育毛剤で治るか?最新!脱毛症と育毛剤の関係

育毛剤で治る可能性がある脱毛症といえば、男性型脱毛症(AGA)やびまん性脱毛症といったものがあります。

 

それらの脱毛症ですが、育毛剤には対応できる成分が含まれているのです。

 

だからこそ効果が期待できます。

 

一方で、AGAやびまん性脱毛症と同じように、多くの方を苦しめる脱毛症として円形脱毛症があります。

 

育毛剤で円形脱毛症に対処できるのでしょうか。

 

効果について徹底的に調べてみました。

 

 

■根本原因には対処できないが・・・

 

円形脱毛症に育毛剤は効果があるのか、といったことを考えるわけですが非常に難しいテーマです。

 

効果がある、ともいえます。一方で効果がない、とも言えるのです。

 

詳しく解説させてもらいますね。

 

 

・円形脱毛症は免疫システムの不具合によって起こるもの

 

円形脱毛症はなぜ起こってしまうのか、といったことから考える必要があります。

 

髪の毛などの毛がごっそりと抜けてしまうわけですよね。

 

その理由として考えられているのが、免疫システムの不具合です。

 

何故か、髪の毛を異物として免疫が勘違いしてしまい、排除してしまうのです。

 

その結果、髪の毛などの毛が、その部位から抜け落ちてしまいます。

 

免疫システムが不具合を起こす原因として考えられているのが、ストレスです。

 

有名な格闘家が、試合直前になると円形脱毛症になってしまう、といったケースも実際にありました。

 

ストレスにはホルモンバランスを乱す、といった作用も報告されており、ホルモンバランスの乱れも免疫システムの不具合原因の一つとして考えられるかもしれません。

 

 

・育毛剤によって髪の毛が生えやすい状態にはできる

 

円形脱毛症の原因としてストレスが大きく関わっていることは述べましたが、ストレスには血行を阻害する働きがあることもわかっています。

 

血管を収縮してしまう機能を持っており、血液の流れが悪くなります。

 

髪の毛へ送られる栄養の量も制限されてしまうのです。

 

その血行が悪化した状態も円形脱毛症を促進させてしまう原因として考えられています。

 

育毛剤の多くには、血行促進作用がある成分が含まれています。

 

1種類だけでなく、複数の種類が含まれていることも珍しくありません。

 

育毛剤は血行促進に注目しているのです。

 

育毛剤には免疫システムを清浄化させる機能はありませんが、結果的には髪の毛が生えやすい状況を作り出すことは出来ます。

 

たとえば、免疫機能が正常化した後に髪の毛が生えやすい状況を作れる、といった機能を有しているのです。





注目の記事@実力の育毛剤を実際使ってみた↓↓