疲れ目と抜け毛|眼精疲労が薄毛の原因になるのは本当?

疲れ目で悩んでいる方は多いでしょう。

 

最近では、パソコンやスマホを長時間利用している方が多くなりました。

 

そこで出てきたのが、眼精疲労を抱えていると薄毛になりやすい、といったことです。

 

こちらでは疲れ目と薄毛の関係性を明らかにします。

 

実際に、目が疲れていると薄毛になってしまうのでしょうか。

 

 

■目が疲れていると薄毛になりやすいのは本当!

 

・目と髪の毛に使われる成分が一緒!

 

目に利用され得る成分と髪の毛に利用される成分が全く異なっていれば、疲れ目になっていたとしても髪の毛に影響をあたえることはありません。

 

しかし、現実問題疲れ目の時に消費されてしまう成分と、髪の毛に利用されている成分は一致しているのです。

 

目に多くを利用されてしまうことで、髪の毛に栄養が足りなくなってしまうことも考えられます。

 

 

・目に使われるどんな成分が薄毛を招いてしまうのか?

 

システインと呼ばれている成分です。

 

システインは疲れ目になってしまった時に、目を修復するために使われている成分です。

 

長時間パソコンなどを利用して仕事をしていると、常時システインが利用されていることにもなりかねません。

 

一方で、髪の毛にとってもシステインは欠かすことが出来ない成分です。

 

髪の毛の主成分はケラチンと呼ばれているタンパク質です。

 

ケラチンは、システインによって合成されて作られています。

 

要は、システインは髪の毛を作っているものでもあるのです。

 

目の修復に使われすぎてしまえば、システイン不足が起こってしまいます。

 

その結果、髪の毛が生成されにくくなり、成長が遅くなったり抜け毛が促進してしまいます。

 

 

■目が疲れていると血行不良になってしまう!

 

・血行不良も薄毛の原因である

 

目がつかれると肩がこる、といった症状が出てきてしまいますよね。

 

目と方は連動しており、使いすぎてしまうと肩コリや首コリといった状態になってしまいます。

 

コリが出ているということは、その部位に血行障害が起こっているわけです。

 

首や肩の血流が阻害されてしまうと、頭皮に到達する血流量がどうしても少なくなります。

 

髪の毛は血液によって栄養が運ばれているわけなので、首コリや肩コリは命取りと言っても過言ではありません。

 

目の疲れは血流不足を招き、薄毛へと導いてしまうのです。

 

 

■疲れ目対策法

 

・定期的に目を休めること

 

1時間パソコン操作などをして目を使ったら、10分ほど休めてください。

 

長時間目を使うと、どうしても疲れてしまうのです。

 

 

・サプリメントでシステインを補給すること

 

システインのサプリメントが販売されています。

 

目の疲れがひどい方は眼精疲労を解決する目的のためにも、サプリメントを有効活用すべきです。





注目の記事@実力の育毛剤を実際使ってみた↓↓