ノンアルコールで低刺激の育毛剤のメリットに注目してみた

育毛剤には様々な種類があります。

 

その中でも注目して欲しいのがアルコールです。

 

実はアルコール入り育毛剤が大半なわけです、実はあまり頭皮によくありません。

 

こちらではアルコール入り育毛剤の危険性、及びアルコールが含まれていない育毛剤にはどんなものがあるのか、といったことをお話します。

 

 

■アルコールが入っている育毛剤にはどんな危険が潜んでいるのか?

 

・頭皮が乾燥してしまう可能性あり

 

アルコールには揮発性、といったものがあります。

 

しばらくすると蒸発してしまうわけですよね。

 

実はその性質が頭皮に良くない作用をもたらしてしまいます。

 

頭皮は基本的に保湿されている状態が良しとされるわけです。

 

しかし、アルコール入りの育毛剤を塗布してしまうと、頭皮の潤いがアルコールによって一緒に蒸発させられてしまう可能性があります。

 

頭皮が乾燥してしまうと、ちょっとした刺激にも肌が耐え切れなくなってしまうわけです。

 

炎症が起こることもあります。

 

フケなどの原因になることも考えられるわけです。

 

特に乾燥肌で悩んでいる方は、アルコール入りの育毛剤の利用は控えましょう。

 

あなたの頭皮に問題をこす可能性を少しでも減らさなければなりません。

 

育毛の達成には、健やかな状態の頭皮が欠かせないわけです。

 

 

■ノンアルコールの育毛剤の銘柄とは?

 

・ブブカのみ!

 

様々な育毛剤がありますよね。

 

保湿成分が多く含まれている、頭皮に優しいタイプも多いわけです。

 

しかし、育毛剤には基本的にリスクのあるアルコールを含んでいるわけです。

 

唯一アルコールを含んでいない育毛剤なのがブブカです。

 

ブブカは安全性が極めて高い育毛剤として有名ですが、アルコールを含まない、といった徹底ぶりです。

 

頭皮の潤いを守りつつ、精度の高い育毛が期待できるわけです。

 

しかも、ブブカは有効育毛成分のM-034を強化しています。

 

業界ナンバーワンの配合量を実現しています。

 

単なる安全性が高い育毛剤ではなくなりました。

 

安全性と効果を兼ね備えた育毛剤に進化しているわけです。

 

ちなみに、ブブカに含まれる保湿成分ですが、あのヒアルロン酸と同等の保湿力を有している程です。

 

顔のお肌に使うような化粧水と同等の働きをきたいできます。

 

頭皮がオイリーで悩んでいる方も、元々は乾燥肌である可能性が極めて高いわけです。

 

乾燥肌になってしまうと、その状態を変えようと、かえって皮脂を大量分泌させてしまうこともあります。

 

乾燥肌に対処することが、オイリー肌をも防ぐのです。


ノンアルコールの育毛剤で低刺激で安全な育毛剤が実現!ノンアルコールの理由

育毛剤は基本的にアルコールが含まれています。

 

そういった製法でしか、育毛剤は作れなかったのです。

 

しかし、技術は進歩するもの。

 

最近では、ノンアルコール製法で育毛剤も作れるようになりました。

 

こちらでは、なぜノンアルコール育毛剤が良いとされているのか、といったことに迫ってみます。

 

頭皮が敏感肌の方は必見です。

 

 

■そもそも育毛剤にはどれくらいのアルコールが含まれているのか?

 

・男性用育毛剤であれば50%から70%
・女性用育毛剤で約30%

 

非常にたくさんのアルコールが含まれていることがわかると思います。

 

特に、男性用育毛剤については、半分以上が含まれていることが分かります。

 

たとえば、100ミリリットルの育毛剤があるとすると、その50ミリリットル以上がアルコールなのです。

 

アルコールには刺激もありますし、高い育毛効果があるわけでもありません。

 

要は、邪魔な存在でもあるわけですよね。

 

 

・どんな目的でアルコールは含まれているのか?

 

爽快感や清涼感を与える、といった目的があります。

 

女性はそれほど重視していませんが、男性にとっては頭皮がさっぱりとした感覚を得たい、といった欲求があります。

 

そもそも、スースーといった感覚があったほうが育毛剤が効いている、といった感覚があるわけですよね。

 

ただ注目して欲しいのが、なぜ女性用育毛剤にはアルコール量が少ないのか、といったことです。

 

それは女性の方が、お肌がデリケートだからです。

 

育毛剤を作っている業者としても、アルコールがよくないことはわかっています。

 

 

■なぜノンアルコール育毛剤が出てきたのか?

 

・アルコールによる肌荒れで薄毛になる方が多くなってきたから

 

高濃度のアルコールを頭皮に塗布することで、かえって薄毛になる可能性が高まります。

 

アルコール自体にも高い刺激があります。

 

育毛剤を使うたびに頭皮を痛めてしまうことにもなりかねません。

 

アルコールの影響は頭皮だけではありません。

 

髪の毛自体にも悪い影響をもたらします。

 

髪の毛を染めている方の、色が落ちやすい、といったことも指摘されているのです。

 

ノンアルコールタイプの育毛剤を使うと、頭皮と髪の毛が荒れるからこそノンアルコールタイプに注目が集まっています。

 

ちなみに、ノンアルコールタイプの育毛剤はまだまだ少ないです。

 

現状ではブブカだけ、といった状態になるので、それほど選択性があるわけではありません。





注目の記事@実力の育毛剤を実際使ってみた↓↓