30代の育毛剤選びと薄毛対策法を調べてみた

男性にとって髪の毛に関しては、30代が最も大切な時期となります。

 

30代で薄毛になってしまうと、「若ハゲ」といったものに分類されてしまうのです。

 

まだまだ若いですし、女性にもモテたいわけですよね。

 

だからこそ、様々な育毛対策をしているわけです。

 

こちらでは30代にマッチングした育毛剤選びと薄毛に対策方法についてお話します。

 

 

■30代にあった育毛剤とは?

 

・男性型脱毛症対策ができる育毛剤を選ぶこと

 

育毛剤には様々なタイプが有ります。

 

たとえば、頭皮環境の改善に特化した育毛剤もありますし、男性型脱毛症に特化した育毛剤もあります。

 

他にも、血行促進作用に特化したものもあるのです。

 

30代で薄毛に悩んでいる方は、基本的に男性型脱毛症対策ができる育毛剤を選択すべきです。

 

30代で薄くなってしまう方の薄毛の原因の殆どはAGAだからです。

 

AGAに特化した効果を持つ育毛剤でなければ、良い効果を得ることは基本的に難しくなります。

 

そもそも男性型脱毛症が発症しているのに、頭皮環境を良くしたからといって髪の毛が生えてくるわけではありません。

 

まずは薄毛の根本原因を断つ必要があります。

 

その上で頭皮環境を改善できれば大きな効果が期待できるわけです。

 

男性型脱毛症対策は、育毛剤や発毛剤といったものでなければ達成は難しいです。

 

体の内部のことなので、個人的な努力では限界があります。

 

男性ホルモンの分泌量を自分でコントロールする、なんてことは出来ませんよね。

 

ジヒドロテストステロンの発生量を減らす、なんてことも自分では出来ないわけです。

 

育毛剤に頼る他ありません。

 

 

■30代に行って欲しい薄毛対策法

 

育毛剤を使ったうえで行うべき薄毛対策法についてお話します。

 

 

・ストレスを解消させること

 

30代といえば、ちょうど中間管理職などに付く時期でもあります。

 

会社の調整役となって働かなければなりません。

 

上司と部下の間に挟まれて、きつい思いをしてしまいます。

 

その結果、ストレスに繋がってしまうわけです。

 

ストレスは薄毛にも大きな影響をもたらしてしまいます。

 

血管を収縮させてしまう力があり、頭皮に栄養を送りにくくしてしまうのです。

 

その結果、髪の毛が正常に成長しなくなります。

 

薄毛がどんどんと発展してしまう可能性も少なからずあるわけです。

 

問題なのは仕事が原因のストレスを改善するのは難しい、といったことですよね。

 

仕事をやめるわけにもいかないわけです。

 

そこでチェックして欲しいのが、睡眠をとる、といったことです。

 

人間にとって最大のストレス解消は眠ることです。

 

脳がリラックスすることでストレスが解消されるので、1日あたり6時間から7時間程度の睡眠時間は必ず確保してくだい。

 

それがあなたの薄毛を改善させる起爆剤になることもあります。





注目の記事@実力の育毛剤を実際使ってみた↓↓