年齢別薄毛の種類〜20代から40代と50代以降について〜

薄毛の種類ですが、誰しも一緒なわけではありません。

 

年齢によっても違ってくるケースが多くなってくるのです。

 

こちらでは男性の20代から40代にかけての薄毛の種類で最も多いものと、50代行の薄毛の種類で最も多いものについてお話します。

 

 

■20代から40代にかけて最も多い薄毛の種類とは?

 

・男性型脱毛症が最も多い

 

男性型脱毛症は、俗に若ハゲと呼ばれているものです。

 

若い時に発症してしまう薄毛の種類の一つです。

 

遺伝性のものなので、食い止めるのは至難の業とされていますが、最近では高品質で高性能な育毛剤も登場しています。

 

実際に、高い育毛効果を持っている育毛剤も出てきているのです。

 

20代から40代にかけての薄毛の主原因はAGAですが、10代でも発症する可能性があるのでしょうか。

 

驚くかもしれませんが、実は10代から発症する可能性があります。

 

AGAは、体内にある酵素の5αリダクターゼと男性ホルモンのテストステロンが結合することによってもたらされるわけです。

 

5αリダクターゼもテストステロンについても、10代後半くらいにもなればすでに備わっています。

 

ですから、理論上も10代で男性型脱毛症は発症してしまうのです。

 

実際に、10代後半からAGAになる方は稀ではありますが居ます。

 

若ハゲは、30代から、といったイメージを持っている方もいるわけですが、決してそうは決めつけられません。

 

未成年の時期から薄毛になってしまう男性もいるのです。

 

 

■50代以降に発症する最も多い薄毛の種類とは?

 

・びまん性脱毛症が最も多い

 

男性型脱毛症が発症する可能性がありますが、AGAの遺伝を持っている方はすでにもっと若い時に発症している可能性があります。

 

50代に入ってから薄毛になる方は、別の種類の薄毛な可能性が極めて高いわけです。

 

びまん性脱毛症ですが、別名では老年性脱毛症と呼ばれています。

 

主な薄毛の発生原因ですが、血行が阻害されることによって髪の毛に栄養が送られにくくなる、といったものです。

 

50歳を超えてくると、どうしても高血圧になってしまう方が多いわけです。

 

血行が悪くなると、髪の毛に今まで送られていた量の栄養が送られなくなります。

 

その結果、髪の毛が細くなったり、成長しきらないケースが増えてくるのです。

 

びまん性脱毛症の特徴は、全体的に少しずつ薄くなるといったことです。

 

男性型脱毛症のように完全に地肌が露出するケースは少ないです。

 

有名人でいえば、漫画家の蛭子能収さんのような状態を指しています。





注目の記事@実力の育毛剤を実際使ってみた↓↓