U型ハゲ対策〜どんな育毛方法が適切なのか?〜

U型ハゲとは前頭部から薄くなっている状態です。

 

典型的な男性型脱毛症の例でもあります。

 

たとえば、M字ハゲがさらに進行して、前頭部が完全に薄くなってしまった状態を指していることもあります。

 

こちらではそんなU型ハゲを対策するためにはどんなことが必要なのか、といったことをお話します。

 

 

■基本的対策は育毛剤を利用すること

 

・男性型脱毛症は自己対策では対処できない

 

薄毛をマッサージや食事などで解消しよう、と思っている方もいるかも知れません。

 

確かに、びまん性脱毛症といったタイプの薄毛であれば、生活習慣を切り替えることで治るケースもあります。

 

しかし、U型ハゲは男性型脱毛症が大きく関わっています。

 

遺伝が影響して薄毛になっているので、生活習慣を見なおそうが薄毛が直るわけではありません。

 

AGA対策の有効なものといえば、育毛剤があります。

 

最近では、男性型脱毛症に対抗できる成分を多く含んでいるものも出てきています。

 

育毛剤を使うことが、U型ハゲを治すためには最も有効なことである、と覚えておきましょう。

 

 

・頭頂部にも育毛剤を使っておこう

 

現状で薄くなっていなかったとしても、U型ハゲが発症しているということは、頭頂部も薄くなる可能性があります。

 

仮にO型ハゲも発症してしまうと、前頭部の薄毛と頭頂部の薄毛がつながってしまうことにもなりかねません。

 

将来的なO型ハゲを予防するためにも、積極的に頭頂部にも育毛剤を使うわけです。

 

事前に予防をしておくことで、将来的な発症を遅らせたり、薄毛の全体的な改善効果も早く得られます。

 

 

■気にし過ぎないことも大切

 

・ストレスが薄毛を即維新するケースもある

 

前頭部の薄毛は非常に目立ちやすい、といった特徴があります。

 

要は、薄毛の隠しようがないのでまわりにバレてしまいやすいのです。

 

その結果、いつもストレスを抱えた状態になってしまうので、高血圧状態に陥る可能性もあります。

 

ストレスには血圧を高めてしまう作用もあるのです。

 

確かに、薄毛になったキッカケは男性型脱毛症かもしれません。

 

しかし、結構が悪くなることで、薄毛を促進させてしまうケースもあるのです。

 

効率的に薄毛対策をするためには、ストレスを溜め込まないように生活することも大事なんですよ。

 

ストレスを解消するためには、たとえば、1日あたり7時間の睡眠をとる、といったことも大事です。

 

さらに髪型などで悩まないようにするためにも、なるべく短髪にしてしまう、といったことも考えましょう。





注目の記事@実力の育毛剤を実際使ってみた↓↓