薄毛の人が坊主にするとハゲが進行します。

薄毛の人は髪型に悩んでしまいます。

 

どんどんと髪の毛がセットしづらくなってしまうのです。

 

髪の毛にコシがなくなってきますし、薄い部分を隠そうと必至になってしまいます。
育毛剤で髪にコシを出す!→コチラ

 

特に頭頂部の薄毛の方は坊主にする、といった事をおこなっているケースが多いです。

 

実際にてっぺんハゲの方は坊主にすると薄毛が目立たなくなる、といった特徴があります。

 

坊主にすれば全体的に地肌が露出するようになるので、つむじ周辺の地肌が露出していたとしても目立たないわけです。

 

一方で、薄毛の人が坊主にするとハゲが進行してしまう、といった話があることも確かです。

 

髪型によって薄毛が進行してしまうようなことがほんとうにあるのか、といったことについて徹底的に解説させてもらいますね。

 

薄毛に悩んでおり、実際にいま坊主である、という方は要チェックです。

 

 

■紫外線が直接的に頭皮にあたってしまう

 

・頭皮が日焼けすると薄毛が進行してしまう

 

秋口に大量の脱毛が起こってしまった方はいませんか。

 

髪の毛が多い方であったとしても、秋口になると髪の毛が多く抜けるのです。

 

もちろん季節的に抜け毛が多い時期ではありますが、実は紫外線が大きく関わっています。

 

夏の時期に頭皮に紫外線がたっぷりとあたってしまうような状況が続いてしまうと、頭皮が日焼けしてしまいます。

 

日焼けというのは皮膚がやけどしている状態でもあるのです。

 

その結果皮膚が傷んでしまい、髪の毛に送られるべき栄養が皮膚の修復などに利用されてしまいます。

 

髪の毛の成長が阻害されてしまい、抜け毛が多くなってしまうわけです。

 

坊主にしてしまえば、今まではなんとか髪の毛で頭皮に紫外線が降り注ぐような状況は避けられてきましたが、それもなくなって直接紫外線が頭皮をやいてしまいます。

 

分け目だけ日焼けしてしまう方もいるのですが、坊主にしてしまえば分け目と同じような状況が頭皮全体にもたらされてしまうわけです。

 

 

・すでに坊主にしてしまっている方はどうすればよいの?

 

帽子を被って下さい。

 

実は、薄毛の方は坊主であるとかは関係なしに帽子をかぶる、といったことがおすすめです。

 

紫外線が頭皮にあたってしまうことを防げるわけです。

 

帽子をかぶることで、頭皮が蒸れて逆効果になってしまうのでは、と思っている方も多いですよね。

 

問題は紫外線と頭皮の蒸れのどちらがリスクが高いのか、ということです。

 

専門家がすでに結論を出しており、圧倒的に紫外線の影響のほうが強い、ということなのです。

 

ですから、蒸れは気になってしまうかもしれませんが薄毛を予防したいのであれば、積極的に帽子をかぶりましょう。

 

ちなみに、汗をかいたら定期的に頭皮の汗を拭き取る、といったことが大事です。

 

汗をそのままにしてしまうと、その汗を餌にして菌が繁殖して頭皮に悪さをしてしまいかねません。

 

頭皮ニキビが多くできている方は、頭皮の湿気が問題になっているケースが多いのです。

 

帽子をかぶっている方は室内に入ったら脱ぐ、といった対策方法も採用して下さい。

 

 

■坊主にしても人の目が気になることには変わりなし

 

前頭部ハゲの場合はかえって目立ってしまう

 

頭頂部はげの場合には、坊主にすることで、ある程度の薄毛はカモフラージュできます。

 

しかし、問題となってくるのが前頭部の薄毛の方です。

 

M字などが薄くなっている方が、坊主にしてしまうと薄い部位が強調されてしまいます。

 

坊主にしたら薄毛に悩まなくて済む、と思うかもしれませんが、かえって悩んでしまうケースも有るのです。

 

悩んでしまうと、それがストレスになります。

 

いままでは髪の毛を前に垂らしていておでこの薄さを隠していたのに、坊主にすればそれもできません。

 

どんどんとストレスが高まっていき、血管を収縮させて高血圧のような症状を引き起こしてしまいます。

 

毛母細胞に栄養が送られにくくなり、結果的に髪の毛が成長しにくくなってしまい、薄毛が進行します、

 

坊主にしたことによるストレスが薄毛を招く、といったことも覚えておきましょう。

 

 

■じゃあロン毛にすれば良いの?

 

・ロン毛も良くない!

 

髪の毛を長くしたからといって薄毛の問題は解決されません。

 

ロン毛にすると、かえって薄い部位が目立ってしまうような状況になってしまいます。

 

特に注意して欲しいのが、不潔に見えてしまう、ということです。

 

ロン毛になると髪の毛で薄い部分を隠そうとしてしまい、不自然な髪型になってしまうわけです。

 

それもまた精神的なストレスとなってしまい、薄毛を進行させてしまいます。

 

ロン毛にすると、毛根が負担を受けやすくなる、といった特徴もあります。

 

髪の毛が長くなることで一定の重量が毛根にずっとかかります。

 

その結果、髪の毛が抜けやすくなってしまうのです。

 

毛根に負担をなるべく兼ねないようになるべく髪の毛は短めにしておきましょう。

 

例えば、サイドや後頭部は薄毛になる確率が極めて低いわけです。

 

だからこそ、そちらは短く刈り上げてみましょう。

 

前頭部から頭頂部にかけては頭皮を守るためにも一定の長さを保つ、といったソフトモヒカンタイプの髪型がおすすめですよ。





注目の記事@実力の育毛剤を実際使ってみた↓↓