最もハゲを招きやすいのは生活習慣の乱れと性欲のコンボ

薄毛を招きやすい生活をしてしまっている方が非常に多いのです。

 

そのような状態で育毛剤を使ったとしても高い効果がえられるわけがありません。

 

よくて現状維持でしょう。

 

薄毛を完全回復させたい、と思うのであれば生活習慣対策を積極的に行うべきです。

 

また、性欲と薄毛の関連性も気になる方は多いですよね。

 

絶倫の男性はハゲやすいのでしょうか。

 

今回は生活習慣と性欲といった観点から薄毛を考えてみます。

 

生活習慣が乱れていると感じている方、性欲が強いと自認している方は必見です。

 

 

■薄毛を助長してしまう生活習慣とは

 

・目を使いすぎている

 

パソコンの使用時間が長い
スマホばかり操作している
ゲームが好きだ
読書が好きだ
テレビをよく見る

 

上記したものに一つでも当てはまってしまった方は、薄毛になってしまう可能性があります。

 

目の使いすぎに関する薄毛のリスクは2つもあるのです。

 

まず一つ目は血行不良です。

 

目を使うと首がこってしまったり、肩がこってしまったり、といった状態になりますよね。

 

要は、首や肩の血行不良が起こってしまうのです。

 

首や肩の血行不良は、頭皮の血行不良と直接的な関係性があります、髪の毛は、頭皮に送られてきた血液によって栄養を得て生えてきているのです。

 

仮に、目を使いすぎて首や肩の血行不良が起これば、頭皮に流れてくる血液量も減ってしまいます。

 

結果、髪の毛に栄養が送られずに細い髪の毛しか生えてこない、といった状況になりかねません。

 

仕事でパソコンを長時間操作している方も多いと思いますが、そういった方は目を定期的に休ませる、といった事を実践してください。

 

もう一つの注意点は、システインという成分です。

 

システインという成分は目と髪の毛の両方に関わっているのです。

 

システインは目の補修に使われます。

 

目を酷使すると、より多くのシステインが必要になるのです。

 

また、髪の毛の生成にもシステインは利用されています。

 

要は、目を酷使するとその修復に大量のシステインが利用されることになり、髪の毛の生成に足りなくなってしまう、といった状況になってしまうわけです。

 

髪の毛の生成にシステインを利用できるように、目の補修があまり必要ないような状況を作らなければなりません。

 

 

・睡眠不足

 

眠りと髪の毛は密接に関係しています。

 

眠るということは、ストレスの解消に大きな役割を果たしているのです。

 

ストレスは眠った時に解消されます。

 

脳がリラックスした状態になると、ストレスは減っていくのです。

 

しかし、寝不足になってしまうとストレスが効率的に解消されなくなってしまいます。

 

その結果、ストレスが高まった状態が続いてしまうのです。

 

注目して欲しいのが、ストレスは血行に大きな影響がある、ということです。

 

ストレスには血圧を高める機能があります。

 

血管を収縮してしまうので、流れる血液量を減らしてしまうのです。

 

髪の毛を製造するためには、一定の栄養が必要になってくるのですが、その栄養が足りないような状態になってしまいます。

 

その結果、髪の毛の成長が阻害され薄毛になってしまうわけです。

 

 

・喫煙習慣

 

タバコを吸う方は圧倒的に薄毛になりやすいです。

 

タバコにはニコチンが含まれているわけですが、そのニコチンが髪の毛に対して悪い影響を与えてしまうのです。

 

ニコチンにはストレスと同じように血管を収縮させてしまう機能があります。

 

タバコを毎日のように吸っていると、血行不良になっている時間が続いてしまうことになります。

 

髪の毛に栄養が送られないような状況を自ら作り出してしまうことになるのです。

 

タバコに関しては、良いことは一つもないので禁煙を目指して下さい。

 

髪の毛の健康だけではなく、体全体の健康にも深く結びついてきます。

 

 

・頭皮の汗をそのままにしてしまう

 

頭皮環境の悪化は薄毛につながってきます。

 

特に夏は頭皮にもたくさんの汗をかいてしまうでしょう。

 

その状況を継続させてしまうと、頭皮に菌が発生してしまうかもしれません。

 

頭皮に菌が発生すると、肌荒れが発生してしまい、健やかな髪の毛の成長を阻害してしまうのです。

 

頭皮の汗はそのままにせずに、定期的にタオルで拭き取る、といった事を行ってくださいね。

 

 

■性欲と薄毛の関係性

 

・特に関係はない

 

性欲は男性ホルモンにも関係しているのですが、男性ホルモンの多さが薄毛に関わってくるわけではありません。

 

酵素の5αリダクターゼの働きが男性型脱毛症に直結しているのです。

 

そもそも男性であれば、睾丸があるので一定量のテストステロン(男性ホルモン)は分泌され続けています。

 

仮に多少男性ホルモンが少なかったとしても、薄毛になる遺伝子を持っている方はハゲてしまうのが現実なのです。

 

もちろん睾丸を除去してしまえば、とりあえず男性型脱毛症にはなりません。

 

しかし、そこまでして薄毛を治したい、と思っている方はそうそういませんよね。

 

そもそも男性的な機能が失われてしまう可能性があるわけですから。





注目の記事@実力の育毛剤を実際使ってみた↓↓