沖縄よりも北海道のほうがハゲが多い理由

地域別に薄毛になる確率に違いがあることが分かっています。

 

例えば、北海道に比べて沖縄のほうが薄毛低い、といったことが言われているのです。

 

こちらではなぜ沖縄よりも北海道のほうが薄毛率は高いのか、といったことについて明らかにします。

 

環境が関わっているのでしょうか。

 

それとも生活習慣が関わっているのでしょうか。
育毛剤比較で薄毛を改善する場合はコチラ>>

 

 

遺伝の可能性が高い

 

・男性型脱毛症は遺伝が大きく関わっている

 

沖縄と北海道ですが、地理的にも非常に遠い存在です。

 

ですから、遺伝的な違いというものが多少は出てきている可能性があります。

 

もちろん、近代に入ってから移住者なども増えてきているので、必ずしも遺伝でだけでは考えられませんが、やはりある程度の影響はあると考えられるのです。

 

その昔、北海道に住み着いた人々の薄毛率が高く、沖縄に住み着いた人々の薄毛率が低かった、といった仮説が最も有力なのです。

 

そもそも、男性型脱毛症は遺伝が原因なので、最も高い確率が先祖代々からもたらされた結果、といえるわけです。

 

沖縄に関しては、中国大陸や中国大陸から台湾を経て入ってきた人々が先住していた可能性が高いと考えられています。

 

それらの先祖の薄毛率が低い、と考えられるわけです。

 

一方で、北海道に関しては、樺太やシベリアなどを経て入ってきた人々の可能性が指摘されています。

 

彼らの先祖の薄毛率が高かった、と考えられるのです。

 

ただ、遺伝による薄毛率だけではなかなか証明できない部分もあります。

 

現在ではほとんどが混血状態となっており、日本国内だけの薄毛を語る場合の必ずしも先祖の遺伝だけが関わっているとは言えない状況になっています。

 

 

■寒いところと温かいところ

 

・寒い所に住む人々に薄毛が多い

 

薄毛率と機構というものを考える必要があります。

 

例えばアジアとヨーロッパを比較すると、圧倒的にヨーロッパのほうが薄毛率が高い、といった事実があります。

 

アジアの男性の薄毛率は大体20%ほどとされています。

 

一方で、ヨーロッパでは35%から40%を超えている地域もあるのです。

 

アジアに比べてヨーロッパは寒いといった気候を持っています。

 

その気温といった影響も薄毛には関連しているのではないか、と考えられています。

 

ただし、この点についてはまだ研究が進んでいないのでなんともいえません。

 

 

・寒いところと暖かいところの食生活

 

寒いところと暖かいところでは食生活にも大きな違いが出てきます。

 

寒い所に住んでいる方は保存食品で、特にハイカロリーのものが多くなっています。

 

乳製品などを多く消費したりするわけです。

 

食べ物によって頭皮に大きな影響が出ることも分かっています。

 

脂っこい食べ物を多く摂取してしまうと、その分皮脂腺が活発化してしまいます。

 

皮脂腺が活発化してしまえば、皮脂が大量に出てきてしまうわけです。

 

頭皮に大量の皮脂があるとそこに菌が繁殖してしまい、頭皮の状況を悪化させてしまいます。

 

何としてでもそういった状況は避けなければならいません。

 

沖縄のような温暖な地域に住んでいる方は、野菜など植物を食べる機会が多くなります。

 

1年中食べられるようなものもあるわけです。

 

野菜や果物には豊富なビタミンやミネラルが含まれています。

 

それらの成分は頭皮環境を整える作用もあるとされており、高い機能が期待できるわけです。

 

地域による食生活の違い、ということも薄毛に大きく関わっている、と考えられます。

 

 

■実は体毛が濃い北海道

 

・薄毛率と体毛率の関係性について

 

実は、ここで遺伝が大きく関わってくるのです。

 

全米形質人類学ジャーナル発表データで明らかにされていることなのですが、北海道に住んでいる人の体毛が世界的に見ても極めて濃いことがわかっています。

 

特に体毛が濃い方が多いのは、地中海周辺です。

 

その昔、アレクサンダー大王が支配した地域と同じような場所が、世界的に見ても最も体毛が濃い地域とされているのです。

 

一方で、アジアに関しては、中東まではまだ体毛が濃い地域とされているのですが、中央アジアから東アジアにかけては体毛が薄くなります。

 

特に東南アジアや南太平洋の諸地域になると極めて体毛が薄い、とされているのです。

 

体毛の濃さにこれだけ地域差があるということですが、明らかに遺伝が関係していると考えられています。

 

そうでなければ、これだけ体毛の濃さに地域差が出るわけがありません。

 

注目して欲しいのが、北海道と東北地方です。

 

実は、日本の中で最も体毛が濃い地域とされており、その濃さは前述した地中海周辺に匹敵するのです。

 

ここで考えて欲しいのが、ヨーロッパの薄毛率が高いということです。

 

体毛の濃い地域の男性の薄毛率は高いということが当てはまると、北海道に薄毛の男性が多い、ということは辻褄が合うわけです。

 

体毛の濃さも遺伝ですし、薄毛も遺伝です。

 

もしかしたら北海道に住んでいる方の遺伝ルーツはヨーロッパの地中海周辺にあるのかもしれませんね。





注目の記事@実力の育毛剤を実際使ってみた↓↓