ヘルメットや帽子の蒸れでハゲるって本当?蒸れと薄毛の関係性に迫る!

ヘルメットや帽子をかぶると薄毛になる、といった話は昔からあります。

 

しかし、それが真実なのか、といったことは広く知られていません。

 

なんとなく、帽子をかぶると頭皮が蒸れるので薄毛になるのではないか、と思われているのです。

 

こちらでは蒸れと薄毛の関係性についてお話します。

 

 

■帽子は薄毛を促進してしまうのか?

 

・帽子の薄毛リスクは極めて少ない

 

帽子を被ったとしても、薄毛を促進させてしまう可能性は少ないです。

 

確かに、頭皮が蒸れてしまうのは事実です。

 

頭皮に汗などがたまってしまうと、そこに菌が発生して炎症を起こしてしまう、といったことも十分に考えられるのです。

 

頭皮の炎症による薄毛のリスクはあるとしても、その危険性が高いか、と言われればそうではありません。

 

実際に、帽子による薄毛リスクは少ないと判断できるのです。

 

仮に、菌によって炎症ができてしまったとしても、男性型脱毛症の原因とは関係ありません。

 

あくまで一面的な状況悪化を招くのが帽子です。

 

直接的な薄毛の原因に繋がる可能性がないわけでもありません。

 

菌が大量繁殖すると、皮膚が負担を受け続けてしまい髪の毛に使われるべき栄養が炎症に取られてしまうのです。

 

 

■ヘルメットや帽子を綺麗にしよう

 

・菌の発生を抑えるために通気性の良い場所に保管すること

 

もともとヘルメットや帽子が湿っている場所に保管されていると、最初から菌がいる状態です。

 

その菌が頭皮に移ってくることもあるので、帽子やヘルメットは通気性の良い所の保管しておきましょう。

 

そんなことでも、ちょっとした育毛対策になるのです。

 

 

■帽子と育毛の関係性

 

・頭皮を紫外線から守ってくれる

 

頭皮ですが、日焼けしていませんか。

 

頭皮に日焼けの症状が起きてしまっていると、頭皮環境が悪化してしまいます。

 

炎症以上の影響を受けることにもなりかねません。

 

そもそも、日焼けは皮膚がやけどしている状態なのです。

 

夏場に頭皮が日焼けすると、秋口に大量に髪の毛が抜けてしまう、といった症状も起こりやすくなります。

 

帽子ですが、紫外線から頭皮を守ってくれる役割を持っています。

 

日傘なども良いのですが、日傘だと思ったよりも紫外線を通してしまうことがわかっています。

 

帽子も上手く使えば育毛アイテムになるので秋口の大量の抜け毛を防ぐ、といった効果を持っているのです。

 

薄毛にならないようにするためには、頭皮に負担を掛けないことが大事なのです。

 

 

■帽子を上手く付き合う方法

 

・頭皮が湿った状態にならないように注意すること

 

頭皮に汗や皮脂がとどまってしまい、蒸発できないような状態になってしまうのが帽子の大きなマイナスポイントです。

 

頭皮が湿ったままの状態になってしまわないように対処しなければなりません。

 

そこで注目して欲しいのが、定期的に頭皮をタオルで拭く、といった行為です。

 

頭皮に汗が発生したとしても、定期的に拭っておけば、菌が大量繁殖してしまうリスクを減らすことにもつながってきます。

 

また屋内に入った時には帽子を脱ぐ、といったことも有効な対策方法です。

 

帽子と上手く付き合って薄毛に対応していきましょう。





注目の記事@実力の育毛剤を実際使ってみた↓↓