育毛サプリは本当に効く?育毛剤が必須なの?効果効能の口コミ!

育毛サプリの効果に懐疑的な方が多いのは事実です。

 

体内だけの作用では髪の毛が復活しないのではないか、と思っている方も多いのです。

 

こちらでは、育毛サプリに本当に効果が期待できるのか、といったことを口コミから調べてみます。

 

果たして、多くの方は育毛サプリの効果を実感しているのでしょうか。

 

 

■育毛サプリの評価は賛否両論

 

・効果が出る人もいるが・・・

 

多くの口コミをチェックしてみても、効果が出た、という人とでなかった、という人が拮抗している印象があります。

 

確実に効果が得られる、とは言いがたい状況なのです。

 

育毛サプリの口コミを幾つか紹介しますね。

 

・育毛サプリを利用してから、髪の毛が太くなってきた。
完全に回復するには至っていないが、良いペースで結果が出ていると思う。(20代後半・男性)

 

 

・育毛サプリを飲み始めてから、抜け毛が減った気がする。
シャンプーをしていてもあまり抜けないし、朝起きた時の枕にもそれほど多くの抜け毛がついていない。(30代前半・男性)

 

 

・効果が高いとされる育毛サプリを利用しているが、全く変化なし。
髪の毛も増えないし、抜け毛量も変わらない。
月に10,000円も掛けて、これではがっかりだ。(30代なかば。男性)

 

 

■育毛サプリに効果が期待できる人のタイプとは?

 

・栄養不足が原因の薄毛である

 

育毛効果が最も高い育毛アイテムといえば育毛剤があります。

 

しかし、育毛剤に関しては、体内の栄養を高める、といったことは出来ません。

 

頭皮から髪の毛に直接栄養を送ることは出来ないのです。

 

あくまで栄養を送りやすくするだけです。

 

そこで育毛サプリメントの出番になります。

 

育毛サプリには、髪の毛に送るべき栄養がたっぷりと含まれています。

 

ビタミン系の成分も含まれていますし、亜鉛といった髪の毛の成長に欠かせない成分も含まれています。

 

普段から偏食気味で栄養が偏っている、といった方に関しては育毛剤よりも育毛サプリのほうが効果は高い、といったことも十分に考えられるのです。

 

 

・男性型脱毛症が発生している

 

育毛剤でも男性型脱毛症を抑えることはできるとされていますが、より効果が高いとされているのが育毛サプリなのです。

 

そもそも、男性型脱毛症は体内から発症します。

 

ですから、育毛サプリによって体内対策を行うべきです。

 

ノコギリヤシやオウゴンエキス、さらに亜鉛といったものには男性型脱毛症に対抗する作用があり、積極的に育毛サプリで取り入れましょう。

 

 


男性用の飲む育毛剤はどのような物があるか?薬からサプリまで

育毛剤というと、頭皮に塗るタイプを思い浮かべるかもしれません。

 

しかし、最近になって飲むタイプの育毛剤も出てきました。

 

そして愛用者も増えているのです。

 

そもそも髪の毛は体内から生み出されてきます。

 

皮膚に対処するよりも、体内から対処するほうがおすすめ、といっても過言ではありません。

 

こちらでは飲む育毛剤の種類についてお話します。

 

塗布型育毛剤だけでは良い効果が得られなかった、といった方は要チェックです。

 

 

■飲む育毛剤の種類その1|育毛サプリメント

 

・一般的な成分を摂取する

 

育毛サプリメントですが、それほど変わった成分が含まれているわけではありません。

 

一般的なサプリメントに含まれているような成分を、育毛用にミックスしているのです。

 

入っている成分としては、新陳代謝に関わるようなビタミンやミネラル、さらに血行促進作用のある成分や、ノコギリヤシや亜鉛といった男性型脱毛症に特化した効果を持っているものもあります。

 

ちなみに、髪の毛の主成分であるタンパク質については含んでいないケースが殆んどです。

 

タンパク質に関しては、一般的な食事から摂取しましょう。

 

サプリメントから摂取しようとすると、10錠や20錠といった容量を飲まなければならず、現実的ではないので基本的に含まれていないのです。

 

 

■飲む育毛剤の種類その2|飲む発毛剤

 

・プロペシア(フィナステリド)

 

育毛サプリと全く異なる飲む育毛剤といえるのが医薬品の「プロペシア」です。

 

医薬成分のフィナステリドを含んだものなのですが、男性型脱毛症のみに効果を発揮する、特化型の効果を有しています。

 

女性の利用ができない、といった特徴も忘れてはなりません。

 

プロペシアには、男性型脱毛症の発生に関わる5αリダクターゼの働きを抑える作用があります。

 

5αリダクターゼの働きが抑えることで、髪の毛が抜けてしまうような症状を抑えることが可能なのです。

 

 

・プロペシアには大きな問題点あり

 

飲む育毛剤である育毛サプリメントでは、基本的に副作用を心配する必要はありません。

 

一般的な成分を摂取しているにすぎないからです。

 

しかし、プロペシアは医薬品なのでそうはいきません。

 

プロペシアには、性的な副作用が多く報告されています。

 

最も多く報告されているのが、精力減退です。

 

勃起不全といった状態になっている方も多く、危険性が極めて高いです。

 

利用には十分に気をつけなければなりませんよ。

 

 


飲む育毛剤の種類のご紹介!育毛サプリから内服薬までメジャーな商品

塗布型育毛剤だけでは効果がない、とった方も多くなっている事実があります。

 

そんな方に選ばれ始めているのが育毛系のサプリメントなんですよ。

 

こちらでは飲むタイプの育毛・発毛アイテムについて解説します。

 

どんな種類があるのでしょうか。

 

 

■発毛剤(プロペシア)について

 

・男性型脱毛症にピンポイントで効果を発揮する

 

プロペシアは医薬品です。

 

男性型脱毛症の改善に特化した薬であり、臨床実験からも効果があることがはっきりとしています。

 

効果のメカニズムですが、男性型脱毛症の原因物質であるジヒドロテストステロン(DHT)の分泌量を減らす、といったものです。

 

ジヒドロテストステロン量が減れば、薄毛になる確率が大きく下がるのです。

 

AGAは、男性ホルモンのテストステロンと酵素の5αリダクターゼが結びついてジヒドロテストステロンが生み出されることで発生します。

 

プロペシアは、5αリダクターゼの働きを弱める機能があります。

 

その結果、テストステロンと結合しにくくなり、ジヒドロテストステロンが生み出されない、といった効果を生むわけです。

 

 

・どこで手に入るのか?

 

医療機関から処方してもらわなければなりません。

 

医薬品なので、気軽に通販で購入できたり、ドラッグストアで購入する、といったことも出来ません。

 

ちなみに、個人輸入サービスを利用して、海外から取り寄せることも可能です。

 

 

■育毛サプリメントについて

 

・様々な機能を持った成分が多く含まれている

 

育毛サプリメントには、ビタミンやミネラルなど、様々な成分が多く含まれています。

 

総合的な薄毛対策ができるのです。

 

例えば、プロペシアにあるような男性型脱毛症に特化した働きのある成分も含まれています。

 

ノコギリヤシといった成分ですが、プロペシアと全く同じ働きがあり、5αリダクターゼの働きを抑制してくれるのです。

 

他にも、血行促進作用がある成分も多く含んでいます。

 

たとえば、ビタミンEやカプサイシン(トウガラシエキス)などが含まれているわけです。

 

 

・育毛サプリの目的とは?

 

総合的な効果をもたらすことにあります。

 

育毛サプリは、10種類以上の成分が含まれていることもあります。

 

中には、偏食気味の方も居ますよね。

 

偏食気味になってしまうと、特定の栄養素が足らなくなってしまいます。

 

特に注意して欲しいのが、お肌の新陳代謝が悪くなってしまう、といったことです。

 

頭皮の健康状態が悪化すればそれもまた薄毛につながってきます。

 

育毛サプリにはビタミンやミネラルなど、新陳代謝を促進させる効果のあるものがたくさん含まれています。

 

積極的に利用しましょう。





注目の記事@実力の育毛剤を実際使ってみた↓↓