男性ホルモン(DHT)を抑制する成分TOP5と育毛剤の抑制効果の真実

男性型脱毛症の発症原因は、男性ホルモンと5αリダクターゼの結合によって発生するジヒドロテストステロン(DHT)が影響しています。

 

ジヒドロテストステロンを押さえ込めれば男性型脱毛症は発症しないわけです。

 

こちらでは、そんなジヒドロテストステロンを抑制できる成分をランキング形式で発表します。
→→育毛剤ランキングはコチラから

 

■DHT抑制成分No,1:ノコギリヤシ(ソーパルメット)

 

・発毛剤のプロペシアと同等の力あり

 

ジヒドロテストステロン対策になる医薬品として、フィナステリドがあります。

 

プロペシアとして有名なのですが、非常に高い効果が認められているわけです。

 

そんなプロペシアと同等のチカラがあるとされているのがノコギリヤシです。

 

ノコギリヤシには、フィナステリドと同様に前立腺肥大症に対処できるパワーを持っています。

 

同じようなメカニズムから、男性型脱毛症にアプローチできるわけです。

 

ノコギリヤシは、様々な育毛サプリメントに含まれている育毛成分でもあります。

 

 

■DHT抑制成分No,2:キャピキシル

 

・近年発見された注目育毛成分

 

非常に新しい育毛成分で、しかも、発毛剤に利用されるミノキシジルよりも育毛効果が高いことでも知られています。

 

アセチルテトラペプチド-3とアカツメクサ花エキスを配合して作っている成分です。

 

女性ホルモンと似た作用があったり、髪の毛の成長を促進させたり、といった効果が期待されています。

 

 

■DHT抑制成分No,3:M-034

 

・階層から作られた育毛成分

 

昆布などから抽出されたエキスから作られた育毛成分です。

 

脱毛因子にストップを掛ける作用があるとされており、キャピキシルと同等にミノキシジルと同じような効果が期待できることがわかっているのです。

 

多くの育毛剤に含まれており、オーソドックスな育毛成分と言っても過言ではありません。

  • M-034で評判のBUBKA(ブブカ)の使用感口コミ
  •  

    ■DHT抑制成分No,4:ヒオウギエキス

     

    ・女性ホルモンと似た働きあり

     

    ヒオウギエキスには女性ホルモンと似た作用があることが確認されており、髪の毛に良い働きが期待されています。

     

    そもそも、女性ホルモンには、髪の毛の成長期感を伸ばす、といった効果が期待されているのです。

     

    男性型脱毛症は、髪の毛の成長期間が短くなってしまうのが主な発症原因です。

     

    だからこそ、ヒオウギエキスのような女性ホルモン的作用に効果が期待できるのです。

     

     

    ■DHT抑制成分No,5:イソフラボン

     

    ・大豆などに含まれる女性ホルモンに似た作用のある成分

     

    イソフラボンの効果としては、テストステロンの濃度を引き下げたり、5αリダクターゼの活性度合いを下げる、といったものがあります。

     

    最近では血行促進作用があるとも言われており、高い育毛効果が期待されています。

     

     

    ■育毛剤の男性ホルモン抑制効果の真実

     

    ・男性ホルモンを抑制しているのではない!

     

    少し説明が必要になりますが、育毛剤に含まれる抗男性ホルモン成分といったものは、男性ホルモンに直接作用するものではありません。

     

    実は男性ホルモンと結合することになる、5αリダクターゼと呼ばれる酵素の働きを抑える効果のある成分なのです。

     

    仮に育毛剤の成分で男性ホルモンが抑制できるとしたら大変なことです。

     

    育毛剤を利用することで、ホルモンバランスを乱してしまい、不健康な状態になってしまうかもしれません。

     

    ホルモンバランスが乱れれば血行なども阻害されてしまうこともあり、かえって薄毛が進行してしまう、といったことまで考えられるのです。

     

    生殖機能にも問題が発生するでしょう。

     

    男性ホルモン抑制成分は、厳密には抗5αリダクターゼ作用があるもの、と覚えておきましょう。

     

    そもそも、男性ホルモンは睾丸がある限りは誰にでも一定は出ているものです。

     

    それを抑制したからといって薄毛が回復するわけではありません。

     

    本当に男性ホルモン対策をしたいと考えるのであれば、睾丸を取り除くしかありませんよ。

     

     

    ■育毛剤で5αリダクターゼを抑制する効果は期待できるのか?

     

    ・強い効果は期待できないが可能性はある!

     

    5αリダクターゼは体内にある成分なので、塗布型の育毛剤では効果が限定的です。

     

    飲む育毛剤のプロペシアにも5αリダクターゼの抑制効果があるのですが、飲むことによって体内に影響が与えられるのです。

     

    仮に5αリダクターゼ対策をしっかりしたい、と思うのであれば、塗布型育毛剤だけでなく育毛サプリメントも併用してください。

     

    育毛サプリメントであれば、体内に影響を与えられます。

     

    実際に、抗男性ホルモン成分と言われている、ノコギリヤシや亜鉛といったものは育毛サプリメントに含まれているケースが極めて多い、といった特徴もあります。

     

    塗布型育毛剤が体内に与えられる効果は限定的なので、育毛サプリメントを利用して相乗効果を得る、といったことも積極的に考えておくべきです。





    注目の記事@実力の育毛剤を実際使ってみた↓↓