禿げは遺伝できまるのか?生活習慣改善や育毛剤で遺伝に勝つ

男性型脱毛症は遺伝によって発生することは間違いありません。

 

ドイツのボン大学の研究チームによって明らかにされています。

 

しかし、すべて遺伝が関わっているわけでもないのです。

 

ハゲの進行度合いには生活習慣なども関わっています。

 

育毛剤などによって回復する例もあります。

 

こちらでは、薄毛に対してどんな対策が有効なのか、といったことを徹底解説します。

 

遺伝だから薄くても仕方ない、と諦めていた方は必見です。

 

 

■生活習慣から薄毛の改善を目指す方法

 

・睡眠時間を確保すること

 

睡眠時間が少なくなってくると薄毛の進行が早まってしまいます。

 

睡眠はストレスと密接に結びついており、睡眠時間が短くなるとストレスが高まってしまうのです。

 

ストレスが高血圧を招くことも分かっており、血管の収縮作用があります。

 

血管が収縮してしまえば、髪の毛に送られる栄養も圧倒的に少なくなってしまい、薄毛が進行してしまうのです。

 

睡眠時間を確保することで、効率的にストレスが解消します。

 

ストレス解消に役立つ睡眠時間ですが、1日6時間から7時間が理想です。

 

5時間未満だと少なすぎるので気をつけてください。

 

 

・シャンプーを1日に複数回行わないこと

 

頭皮の乾燥を招かないことが大切です。

 

育毛のために1日あたり2回シャンプーする、といった方もいるかもしれません。

 

しかし、シャンプーをする度に必要な皮脂も洗い流されてしまいます。

 

頭皮が乾燥にさらされてしまい、ちょっとした刺激でも頭皮が傷んでしまうのです。

 

シャンプーは1日あたり1回に限定するのがおすすめですよ。

 

 

■育毛剤で遺伝が原因のハゲに対抗できるのか?

 

・対抗できる!

 

以前の育毛剤であれば、遺伝性の強力な薄毛に関しては対抗できませんでした。

 

しかし、最近の育毛剤には新しい有効な成分も含まれ始めています。

 

・M-034
・キャピキシル
・ピディオキシジル

 

上記のような最新育毛成分を知っているでしょうか。

 

実はあのミノキシジルと同等の育毛効果があったり、3倍の育毛効果があることが証明されているのです。

 

発毛剤よりも効果的な育毛成分が含まれ始めているので、最近の育毛剤であれば遺伝性の薄毛にも対抗できる、と考えられるわけです。

 

 

・育毛剤で遺伝の薄毛に打ち勝つ方法

 

生活習慣対策も実施したうえで育毛剤を利用することが大事です。

 

育毛剤だけで対抗しても、遺伝に負けてしまいます。

 

複数の育毛方法を併用することが大切ですよ。





注目の記事@実力の育毛剤を実際使ってみた↓↓