発毛促進剤とはどのようなものか?育毛剤研究ラボ

育毛するために利用するものといえば、育毛剤や発毛剤といったものがあります。

 

その他にも、発毛促進剤と呼ばれるものもあるのです。

 

こちらでは発毛促進剤とはどんなものなのか、といったことを解説します。

 

発毛促進剤を見つけ、利用しようか迷っている、といった方は必見ですよ。

 

 

■発毛促進剤とは?

 

・どちらかと言うと育毛剤よりの機能を持っている

 

発毛促進剤は、ネーミングからすると発毛剤に近い気がするかもしれません。

 

しかし、発毛剤のように、医薬成分が含まれているわけではありません。

 

発毛剤と育毛剤で言えば、育毛剤に近い存在、といえます。

 

発毛促進剤の具体的な役割ですが、「毛母細胞の働きを活性化させ、育毛効果を狙う」といったものです。

 

注目すべきは毛母細胞の活性化に注力しているところです。

 

髪の毛は毛母細胞によって作られているわけですが、薄毛はその毛母細胞の働きが弱くなることも関係しているのです。

 

発毛促進剤では、そんな薄毛の原因にピンポイントで対処できる能力を有しています。

 

 

■発毛促進剤の安全性とは?

 

・安心して使える!

 

発毛剤の中には、危険性が極めて高いものもあります。

 

頭皮がただれてしまうケースも多く報告されていますし。

 

・フケが大量に出てしまった
・ニキビが出てしまった
・痒くなってしまった

 

といった声が多く発見できます。

 

発毛促進剤は発毛剤のような刺激の強い成分が含まれていません。

 

安全性の高い自然派な成分を多く含んでいるのです。

 

長期的に利用したとしても、頭皮環境を悪化させることは考えにくいのです。

 

そればかりか、頭皮環境を良くする、といった効果も期待できるほどです。

 

保湿機能がある成分が含まれていたり、頭皮における菌の発生を抑制させる効果を持っている成分も多く含まれているのです。

 

 

■発毛促進剤の具体的な効果とは?

 

・毛母細胞の活性化
・血流の促進

 

発毛促進剤の主な機能は血管の拡張と言って間違いありません。

 

血管を拡張して頭皮に血液を満たすことで、毛母細胞も活性化するのです。

 

髪の毛は、血液によって栄養が運ばれて元気に生えてきます。

 

薄毛症の中には、びまん性脱毛症といったものもあります。

 

びまん性脱毛症になってしまうと、髪の毛が全体的に薄くなる、といった症状に見舞われてしまうのです。

 

栄養が行き渡りにくくなってしまいますからね。

 

毛母細胞は栄養が送られないことによって弱ってしまいます。

 

そんな状況を変えてくれる能力が発毛促進剤にはあります。