頭皮の湿気が薄毛の原因なのか?髪の毛と蒸れの関係性

頭皮が濡れていると薄毛になってしまう、といったことを聞いたことがありませんか、頭皮がオイリーな人には薄毛が多い、といった印象があるわけです。

 

頭皮の蒸れですが、主な原因としては汗と皮脂があります。

 

その二つが頭皮にあることで、実際に問題が起きてしまいます。

 

こちらでは頭皮の湿気と薄毛の関係性について徹底調査します。

 

 

■頭皮の湿気の何が原因で薄毛になってしまうのか?

 

・菌が繁殖して炎症を起こしてしまう

 

単に汗や皮脂があるだけでは問題にはなりません。

 

その湿気を元に、菌が繁殖してしまうのが問題なのです。

 

菌ですが、我々のお肌の上に入るものです。

 

数のバランスが取れていれば問題ありません。

 

いるべきものがいるだけなのです。

 

しかし、彼らのエサが多くなってしまうと、大量繁殖を招きます。

 

汗っかきの方であったり、頭皮の皮脂が多い方は菌に対して栄養を送り続けてしまうことになります。

 

エサが多くなれば、当然彼らは繁殖を繰り返すわけです。

 

短期間であっという間にまずを増やすことになります。

 

菌は数が多くなると、皮膚に対して影響を与えはじめます。

 

刺激を受けた皮膚は耐え切れなくなって炎症をおこしてしまうのです。

 

炎症が起きた肌ですが、実はそこに栄養素が集中してしまいます。

 

血管の血液から供給される栄養が、炎症に使われてしまうわけです。

 

本来であれば、髪の毛に使われるべきであった栄養まで供給されることによって、髪の毛の成長が阻害されてしまいます。

 

これが頭皮がオイリーな方が薄毛になりやすい理由なのです。

 

【頭皮の蒸れが薄毛を招く流れ】
・頭皮に汗や皮脂が発生

・汗や皮脂をエサにする菌が大量繁殖

・皮膚が耐え切れなくなり炎症をおこす

・髪の毛に送られるべき栄養が炎症にとられてしまう

・薄毛の発生

 

 

■頭皮の群れを防ぐ方法

 

・定期的に頭皮を拭くこと

 

汗っかきの方に有効な対抗策となります。

 

夏場などはとうしても頭の中にも汗をかいてしまいます。

 

そのままにしておくと菌が繁殖してしまうのです。

 

汗をかいたな、と思ったらタオルなどで頭皮を拭いてください。

 

頭皮の湿気量が制限されれば、それだけ菌が繁殖するリスクは少なくなります。

 

 

・食べ物に気をつけること

 

脂っこいものや、お菓子などの甘いものは控えてください。

 

食べ物から摂取する、油や脂も皮脂に大いに関連しているわけです。

 

大量に脂や油を含んでしまうと、皮脂腺が活発化してしまうのです。

 

そして皮脂を大量に分泌します。

 

健康的な食べ物を適量食べる、といったことを心がけてくださいね。





注目の記事@実力の育毛剤を実際使ってみた↓↓