タバコやアルコールが薄毛の原因に!ハゲてしまったら育毛剤で復活できるの?

タバコが好き
アルコールが好き

 

といった方も多いと思います。

 

なかなかやめられませんよね。

 

しかし、アルコールやタバコには健康被害があることも間違いではありません。

 

こちらでは、アルコールとタバコにハゲの原因はあるのか、といったことを解説します。

 

タバコやアルコールが好きで、しかも薄毛に悩んでいる、といった方は必見です。

 

 

■アルコールの摂取量が多いと薄毛になりやすい!

 

・肝臓に影響を与えると、頭皮に栄養が送られにくくなる

 

お酒を摂取すると、アルコールが体内にたくさん入ってきます。

 

酔ってしまうわけですよね。

 

その状況を変えるために肝臓が頑張ってくれるのです。

 

肝臓には解毒作用があり、アルコールを分解して正常化を目指します。

 

少量のアルコールであれば肝臓にそれほど大きな影響を与えませんが、大量のアルコールを摂取してしまうと肝臓の機能が弱っていまいます。

 

アルコール以外の解毒作用が弱まってしまい、血液の質が落ち込んでしまう可能性もあるのです。

 

髪の毛に血液から送られる栄養も低減してしまい、薄毛につながってしまう、といったことも十分に考えられるのです。

 

 

・睡眠が浅くなって薄毛が発生する

 

アルコールを飲むと寝付きが良くなる、と思っている方も多いかもしれません。

 

しかし、アルコールを利用して寝た場合ですが、どうしても眠りが浅くなってしまいます。

 

眠りが浅いと自律神経は緊張状態を維持してしまうのです。

 

睡眠の役割はストレスの解消ですが、それが全く果たされません。

 

寝てもストレスが残り続けてしまうので、血管の収縮が起こってしまいます。

 

ストレスには、血管をすぼめる働きがあるのです。

 

ストレスによって収縮してしまった血管ですが、髪の毛へ栄養を送りにくくしてしまいます。

 

栄養が少なくなると髪の毛は細くなってしまい、薄毛が発症してしまうのです。

 

 

■アルコールによる薄毛は育毛剤で対処できるのか?

 

・一定の効果あり

 

育毛剤には血管を拡張する、といった働きがあります。

 

センブリエキスなどの育毛有効成分には血行を良くする働きが認められているのです。

 

アルコールによってストレスがたまり血管が収縮してしまっている場合には、育毛剤が良い働きをしてくれると考えられます。

 

 

・お酒の量は控えること

 

いくら育毛剤が効果的だからといって、大量のアルコールを飲み続けていては意味がありません。

 

身体に大きな負担をかけてしまいかねないのです。

 

なるべくお酒の量は控えて、その上で育毛剤を利用してくださいね。

 

 

■タバコと薄毛の関係性

 

・タバコはすぐにでもやめるべき

 

育毛をしたいのであれば、禁煙は必須です。

 

アルコールと違って少量なら良い、といったことにもなりません。

 

タバコに含まれる「ニコチン」といった物質に大きな問題があります。

 

ニコチンといえば中毒症状があるほどの物質ですよね。

 

あの麻薬の大麻よりもニコチンのほうが中毒性があることでも知られている恐ろしい物質なのです。

 

そのニコチンに薄毛を招く機能があります。

 

実は、血管を収縮させてしまうのです。

 

血行を悪くさせてしまうので、髪の毛に栄養がいきわたりにくくなります。

 

ニコチンの作用はあまりに強く、仮に育毛剤を使っていても、全く効果を発揮できないこともあるほどです。

 

タバコはやめるのは大変ですが、育毛と共存できるものではありません。

 

近年では、禁煙外来のある医療機関も増えてきています。

 

しっかりとした対策を立てて、禁煙を目指してみませんか。

 

より良い結果が得られるはずです。

 

もちろん髪の毛にも大きな変化が現れるかもしれませんよ。

 

 


タバコ・アルコールと薄毛の関係を暴く!

薄毛には様々な要因があります。

 

その中でも注意しておきたいのが、タバコとアルコールです。

 

両方とも育毛には悪い結果を与えてしまう、といった印象があるわけですが、はたしてどんな原因で薄毛になってしまうのでしょうか。

 

詳しく解説します。

 

普段からお酒をよく呑んだり、タバコを吸ったりしている方は要チェックです。

 

 

■タバコが薄毛化を招く理由

 

・血管を収縮させてしまう!

 

タバコに含まれているニコチンに悪い作用があります。

 

ニコチンは中毒性のある物質であり、禁煙を難しくしている張本人と言っても過言ではありません。

 

ニコチンは単なる中有毒性のある物質ではなく、身体に対して大きな厄害をもたらしてしまいます。

 

その一つが血管をすぼめる、といったものなのです。

 

血管をすぼめるといったことですが、血行不良を引き起こしてしまうわけです。

 

髪の毛へ栄養が送られにくくなってしまったり、頭皮環境を悪化させる原因にもなりかねません。

 

ニコチンによる血管収縮作用は非常に強く、育毛剤で血行促進成分を頭皮に塗布しても、その効果を無にしてしまう可能性も指摘されているのです。

 

育毛を達成したい、と考えているのであれば、必ず禁煙を行ってください。

 

タバコを吸いながら育毛を達成できるほど甘いものではないのです。

 

 

・禁煙とストレス

 

禁煙をするとストレスを抱えてしまうことになります。

 

実は、ストレスも髪の毛によくないわけです。

 

難しいところですが、ストレスを抱えたとしても、禁煙は実行すべきです。

 

最近では禁煙外来もあるので、思ったよりも禁煙しやすい状況が生まれてきています。

 

ニコチン摂取量を徐々に減らしていき、完全禁煙を目指してください。

 

 

■飲酒と薄毛の関係性

 

・皮脂の分泌量を増やしてしまう可能性あり

 

お酒にはカロリーが含まれているわけです。

 

基本的に炭水化物によって生成されているものなので、大量に摂取すると皮脂を大量分泌させてしまう可能性もあります。

 

頭皮がオイリーになってしまう可能性も少なからずあるのです。

 

お酒ですが、実は全く飲んでいけないわけではありません。

 

必ず休肝日を設けること、さらに飲む量をセーブできれば、飲酒自体は問題ありません。

 

アルコールには血行促進作用も隠れているわけです。

 

飲むことで、全身お血の巡りが良くなり、かえって髪の毛が生えやすい状態も確保可能です。

 

アルコールに関しては、飲み過ぎはいけない、と覚えておきましょう。

 

1日あたり、コップ1杯程度であれば問題ありませんよ。

 

 





注目の記事@実力の育毛剤を実際使ってみた↓↓