M字ハゲが進行してきた場合の対処法!生え際後退を育毛剤で食い止めろ

厄介な薄毛といえば、生え際があります。

 

生え際が後退してくるタイプの薄毛について、対策をしてもなかなか効果が現れないのです。

 

だからといって諦めることは出来ませんよね。

 

こちらでは、M字ハゲのような前頭部の薄毛に対する有効な対策法を紹介します。

 

前頭部の髪の毛が薄くて悩んでいる男性は必見です。

 

 

■育毛剤を毎日利用すること

 

・男性型脱毛症対策ができる

 

生え際の薄毛ですが、原因は男性型脱毛症にほかなりません。

 

ですから、男性型脱毛症の対策ができる育毛剤の利用がおすすめなのです。

 

男性型脱毛症対策ができる成分ですが、実は幾つもあるんですよ。

 

有名なのはノコギリヤシですが、ほかにもオウゴンエキスや亜鉛といったものもあります。

 

現在発売されている育毛剤の多くは男性型脱毛症対策ができるものです。

 

毎日積極的に前頭部に育毛剤を利用してください。

 

継続的に利用しないと効果が得られない可能性もあるので要注意ですよ。

 

 

■頭皮の炎症に気をつけよう

 

・おでこの炎症がM字ハゲを促進してしまう

 

M字ハゲの一つの原因として語られているのが、おでこが炎症を起こしてニキビが出来てしまう、といったものです。

 

おでこですが、若い時にニキビが良く出来た方は知っていると思いますが、皮脂腺がたくさんあり、しかも活発なのです。

 

おでこには常時、皮脂が大量に分泌されているような状況になりやすいです。

 

その皮脂をエサにして、菌が大量繁殖することもあります。

 

おでこに菌が繁殖すると、お肌が炎症を起こします。

 

大人になってからでも、おでこに皮脂が出来やすい方は、皮脂の分泌が多い証拠です。

 

おでこにニキビなどの炎症が出来てしまうと、生え際の髪の毛に送られるべき栄養素がその炎症に利用されてしまうのです。

 

髪の毛に使わるはずだった栄養が他のことに利用されれば、髪の毛は当然弱まってしまいます。

 

前頭部が禿げ上がりやすくなり、M字ハゲが形成されてしまうこともあります。

 

 

・おでこの皮脂を抑えるためにはどうしたら良いのか?

 

保湿対策を実施すべきです。

 

意外かもしれませんが、皮脂が乾燥していると大量に分泌されるメカニズムがあるのです。

 

おでこが乾燥している状態が少しでもあると、皮脂腺が活発化してしまい、必要以上の皮脂が出てきます。

 

その結果、オイリーな肌質になってしまうわけです。

 

保湿対策に関しては育毛剤でも可能です。

 

育毛剤にも保湿成分がしっかりと含まれているんですよ。

 

 

■飲む発毛剤を利用すること

 

・プロペシアに前頭部ハゲを治す機能あり

 

プロペシアは、男性型脱毛症に特化した能力があります。

 

ですから、前頭部の薄毛を治す機能があるのです。

 

プロペシアにはフィナステリド、といった有効医薬成分が含まれており、男性型脱毛症の根源に対処できます。

 

ジヒドロテストステロン(DHT)といった物質が体内に生まれることで、生え際の薄毛が出てきてしまうのですが、その物質自体の発生を抑えてくれるのです。

 

プロペシアについては手に入れるのに少しハードルがあります。

 

ドラッグストア等では販売されておらず、医療機関で処方して貰う必要があります。

 

また、海外から個人輸入サービスを利用して取り寄せる方法もあります。

 

海外から取り寄せる場合は、安価なジェネリックタイプも有ります。

 

国内のプロペシアが高いと思った場合には、安価なジェネリックタイプの利用も考えましょう。

 

 

■頭皮マッサージを行うこと

 

・血行を促進させることが前頭部の薄毛改善に役立つ

 

シンプルなことですが、血行不良がM字ハゲを引き起こしていることも考えられます。

 

血行不良に対処するためには、頭皮マッサージが特におすすめです。

 

お風呂に入っている時に行ってみる、なんてこともしてみませんか。

 

頭皮マッサージですが、指の腹を使って軽く押す、といった行為がおすすめです。

 

爪を立てるとお肌を痛めてしまいます。

 

強く押すとお肌に負担がかかるので、あくまで優しく行うべきなのです。


注目の記事@実力の育毛剤を実際使ってみた↓↓