AGA予防!抜け毛・薄毛は運動不足が原因!?血行促進で栄養を送る話

AGAの原因は遺伝です。しかし、遺伝だからといって治らないわけではありません。

 

ミノキシジルといった薬剤があるわけですが、そちらを利用すると改善することがわかっています。

 

ミノキシジルの主な効能は血行の回復です。

 

そこで考えなければいけないのが普段の運動不足です。

 

運動をすると血行が高まるわけですが、運動の習慣がなければ血行不足となってしまいます。

 

運動が不足することで薄毛が促進してしまうことがあるのでしょうか。

 

こちらでは運動不足と薄毛の関連性を徹底解説します。

 

 

■運動不足がAGAを促進させてしまう可能性あり

 

AGAは遺伝性なのに、ならない人はなりません。

 

一方で、なる人でもスピードには大きな差があるわけです。

 

20代から薄くなり始めて、20代のうちに禿げ上がってしまうことも考えられるのです。

 

中には、20代から薄くなり始めたとしても、30代までは維持できて、40代から50代になってから禿げ上がる、といった方もいます。その違いに注目して欲しいのです。

 

 

・血流が薄毛のスピードに大きく関係している

 

血行不足の方・・・薄毛の進行が早い
血流が良い方・・・薄毛の進行が遅い

 

そもそも血液によって髪の毛の栄養は送られています。

 

血流が悪くなってしまえば、髪の毛は栄養源を失ってしまうことになりかねません。

 

髪の毛の成長スピードが遅くなってしまい、脆弱な状態の髪の毛しか生えてこなくなります。

 

産毛のような髪の毛ばかりになってしまいかねないのです。

 

AGAが発症すると、こちらも産毛のような状態になりやすいです。

 

要は、AGAと血行不足の影響で、髪の毛が産毛ばかりになってしまうことも考えられます。

 

 

■どんな運動をしてAGAの進行を遅らせるべきか?

 

・有酸素運動がおすすめ

 

ジョギング
水泳
サイクリング
ウォーキング

 

上記のような運動をゆったりと行うのがおすすめです。

 

有酸素運動のメリットは、長時間行う、といったところです。

 

きつい運動ではなく、長く続けられるペースで行うのが有酸素運動です。

 

身体を長時間動かせば、その時間はずっと血行が良い状態が維持されることになります。

 

筋トレのような無酸素運動にも血行促進作用はあります。

 

しかし、無酸素運動は長時間行えません。

 

すぐに血流が元通りに戻ってしまいます。

 

 

・1日あたりどのくらい運動すべき?

 

30分程度で構いません。

 

おすすめなのが、会社の帰りにひと駅分余計に歩く、といったような対策です。

 

何も、運動しようと思って運動する必要はありません。

 

自動車を使って買い物に行っているのであれば、自転車に変える、といったことでも良いのです。

 

とりあえず体を動かす習慣から身につけてみませんか。





注目の記事@実力の育毛剤を実際使ってみた↓↓