筋トレするとハゲになる?ホルモンバランスと薄毛の関係

男性の薄毛ですが、一説には筋トレをするとハゲる、と言われています。

 

筋トレをすると、男性ホルモンが多く分泌するので、男性型脱毛症が進行しやすい、とされているのです。

 

こちらでは筋肉と薄毛の関係性を明らかにします。

 

 

■筋トレと薄毛は関係なし!

 

・筋トレをしたくらいでは薄毛になるわけがない!

 

男性型脱毛症に限ったお話をしますが、たしかに男性ホルモンが関連していることは間違いありません。

 

睾丸から分泌されている男性ホルモンのテストステロンが関わっています。

 

注目して欲しいのが、筋トレをすると、どれくらいのテストステロンが分泌されるのか、といったことです。

 

通常の2倍や3倍も分泌されるというのであれば、筋トレと薄毛は関係ある、といった話になるかもしれません。

 

しかし、筋トレをしたくらいでは男性ホルモン量はそれほど増えません。

 

確かに、筋トレを日常的に行っている方のテストステロン量は増えるとされています。

 

しかし、その量は通常の状態と比較してもそれほど変わるものではありません。

 

そもそも、筋トレをしたくらいで男性ホルモン量が圧倒的に増えてしまえば、筋トレする毎に身体に大きな負担がかかってしまいます。

 

筋トレを日課にしている方の健康状態はどうでしょうか。

 

かえって健康に見えますよね。

 

 

・髪の毛の栄養が筋肉に取られてしまうのでは?

 

筋肉の材料も髪の毛の材料もタンパク質であることには変わりありません。

 

しかし、なぜ筋トレをしたら髪の毛だけ薄毛になるのでしょうか。

 

他の体毛も同じ毛です。

 

髪の毛だけに作用が出る、と考えるのはおかしいですよね。

 

以上のように、

 

ホルモン量
栄養

 

以上の2点から見ても、筋トレと薄毛には深い関係性はない、と断定できるのです。

 

 

■筋トレと薄毛が関係ない決定的な理由

 

・男性型脱毛症の原因は遺伝である

 

仮に筋トレが薄毛に繋がるとしたら、誰にでもその可能性はあります。

 

しかし、スポーツ選手のすべてが薄毛でしょうか。

 

毎日激しい運動をしている彼らの頭髪が、ふさふさであることも珍しくありません。

 

最も注目して欲しいのが、お相撲さんです。

 

彼らは、なんと100キログラム以上が筋肉とされています。

 

我々の何倍もの筋肉がついているのに全員ハゲているでしょうか。

 

ハゲている方は少数ですよね。

 

薄毛は、遺伝によってなるかならないかが決まっています。

 

薄毛の遺伝子を持っている方は薄くなりますし、薄毛の遺伝子を持っていなければいくら筋トレをしてもハゲません。

 

薄毛とはそういったものなのです。

 

対処するためには、薄毛に効果的な成分を含んだ育毛剤を利用する他ありません。

 

 

 


筋トレすると男性ホルモンが分泌されてハゲや薄毛になるのか?

筋トレをすると男性ホルモンが分泌されるので薄毛になる、といったことを考えている方が多いです。

 

そんな理由で筋トレをしない、といったことをしていませんか。

 

筋トレとハゲですが、密接に結びついているわけではありません。

 

安心して筋トレを実施してください。

 

こちらでは筋トレがハゲと結びつかない理由についてお話します。

 

 

■男性型脱毛症の原因は男性ホルモンの多さではない!

 

・遺伝が大きく関わっている

 

男性型脱毛症は、もともと持っている男性ホルモン量が関わっているのではありません。

 

薄毛になりやすい遺伝子と薄毛になりにくい遺伝子があるのです。

 

薄毛になりやすい遺伝子は母親の父親から遺伝されるケースが多く、父方遺伝ではありません。

 

母方の親戚の頭髪状態を見ることで、自分が薄毛になるかを確認できるのです。

 

遺伝からAGAになるわけですが、そこで考えるのが男性ホルモンが多くなる遺伝がされるのではないか、といったことです。

 

それもまた間違った考え方です。

 

AGAになるのは男性ホルモンのテストステロンも関わっているのは確かですが、仮に量が多かったとしても、即薄毛に繋がるわけではありません。

 

そのテストステロンと結合する5αリダクターゼと呼ばれる物質が大きく関わっているのです。

 

実は、薄毛の遺伝は5αリダクターゼに関係しています。

 

5αリダクターゼの活性度合いの高さが遺伝されてしまいます。

 

その結果、テストステロンと結合してジヒドロテストステロンといった脱毛原因物質を生み出してしまうのです。

 

問題は男性ホルモンにあるのではなく、5αリダクターゼにある、といったことを理解してください。

 

筋トレしても全く問題ないことが分かるはずです。

 

 

■男性ホルモンは筋トレしても増えないの?

 

・僅かに増える

 

確かに、筋トレをすると男性ホルモン量が増えることがわかっています。

 

しかし、激増することはありません。

 

微増です。

 

しかも、一定期間だけで、ずっとホルモン量が多くなるわけでもありません。

 

男性ホルモンがずっと増え続けている状態にするためには、ホルモンを注射したり、アナボリックスステロイド(筋肉増強剤)などを利用しなければ達成できないのです。

 

自然現象で増える男性ホルモンは限られています。

 

 

■スポーツ選手全員が禿げていますか?

 

スポーツ選手は毎日数時間のトレーニングをしています。

 

筋肉を鍛える筋トレも定期的に行っています。

 

そんな彼らが全員ハゲているでしょうか。

 

そんなことはありませんよね。

 

筋肉むきむきの体操選手だって髪の毛がふさふさです。

 

筋トレをしたって髪の毛に影響をあたえることはないのです。





注目の記事@実力の育毛剤を実際使ってみた↓↓