頭皮の糖化現象とはなにか?頭皮の糖化は育毛剤で防ぐことは可能か

薄毛対策は日々進化しています。

 

現在薄毛と大きな関係があるのではないか、とされているのが頭皮の糖化現象です。

 

こちらでは、そもそも糖化現象とは何なのか、さらに育毛剤で糖化現象を抑えることはできるのか、といったことを解説します。

 

頭皮の状態がよくない方に注目してほしいテーマです。

 

 

■頭皮の糖化現象って何?

 

・真皮層が硬化してしまう

 

お肌の真皮層にはコラーゲやエスラチンといった物質があります。

 

お肌の弾力などを支えている成分であり、若々しさを保つためにも重要な役割を果たしているのです。

 

その真皮層に大きな影響が与えられるのが糖化現象です。

 

真皮層が硬化してしまい、コラーゲンやエスラチンが本来の働きができなくなります。

 

お肌の弾力がなくなり、結果として老化してしまうのです。

 

 

・血管にも悪い影響あり

 

真皮層が硬化することで、血液の流れにも悪い影響が出てきます。

 

血液の流れが圧倒的に悪くなり、皮膚や髪の毛に送られる栄養が足りなくなってしまうのです。

 

お肌の新陳代謝も悪くなり、髪の毛の成長スピードも遅くなります。

 

その結果、薄毛が促進してしまいます。

 

 

・糖化現象は男性だけ?女性だけ?

 

性別に関係なく引き起こされてしまいます。

 

要は皮膚の老化現象なので、歳を重ねるとだれにでも起こってしまう可能性があります。

 

前もって対策を立てておくことが、皮膚の健康を守ることにもなりますし、薄毛を防ぐことにもなるのです。

 

 

■頭皮の糖化現象は育毛剤で対処できるのか?

 

・対処可能

 

育毛剤には、様々な成分がバランスよく含まれています。

 

中には、頭皮環境を良くする作用を持ったものもあるのです。

 

糖化現象を抑えるためには、頭皮を柔らかくする必要がまずあります。

 

頭皮を柔らかくするためには、まずは血行を良くすることが大事です。

 

皮膚にしっかりと栄養を送ることで、新しい健康的な頭皮になります。

 

毛母細胞が健康になるのも育毛剤のおおきなメリットです。

 

血行促進作用のあるセンブリエキスやトウガラシエキス、ニンジンエキスといったものには毛母細胞を活性化する作用もあります。

 

糖化現象で影響を受けてしまった毛母細胞であったとしても復活する可能性があるのです。

 

育毛剤には保湿成分がしっかりと含まれているところにも注目です。

 

保湿されたお肌は刺激にも強くなり、結果的にお肌が傷つきにくくなります。

 

お肌の劣化を抑えることにもつながってくるのです。

 

 


頭皮の抗糖化対策の重要性|育毛に即した皮膚を作ろう

育毛を達成するためには、健康的な頭皮を得なければならないわけです。

 

しかし、健康的な頭皮と言っても、その達成は簡単ではありません。

 

頭皮に吹き出物が出来てしまう方もいれば、乾燥している方も居ます。

 

育毛剤を使ってもなかなか状態が良くならない、と嘆いている方も実際に多いわけです。

 

そんな頭皮の状態ですが、最近大きなテーマとされているのが抗糖化といったものです。

 

頭皮の糖化を防ぐことが育毛に繋がる、とされているわけです。

 

こちらでは頭皮と糖化の関係性について解説します。

 

 

■そもそも頭皮の糖化現象って何?

 

・頭皮を劣化させてしまう現象である

 

糖化とは、お肌の角質層にあるタンパク質と糖が反応してしまう症状を指しています。

 

糖化してしまうと、お肌の状態は劣化してしまい、皮膚が衰えてしまったり、血行が悪くなってしまう、といった症状が出てきてしまいます。

 

お肌が悪くなると、髪の毛の樹お体にも大きな盈虚が出てきます。

 

新陳代謝がスムーズに行われず、髪の毛により良い栄養も送られなくなってしまうわけです。

 

結構も悪くなってしまうので、髪の毛がやせ細る原因にもなりかねません。

 

実際に、近年では頭皮の糖化による薄毛が多発している、といったことを指摘している専門家もいるほどです。

 

 

■頭皮の糖化はどうおった状況で引き起こされてしまうのか?

 

・紫外線によって引き起こされる

 

皮膚の劣化を引き起こすものなので、外的要因によって影響を受けている可能性が極めて高いです。

 

その最たるものが、紫外線です。

 

夏に紫外線対策をせずに出歩いていると、頭皮も日焼けしてしまうことがあるのです。

 

日焼けは皮膚の火傷であり、大きな負担をかけてしまうことは間違いありません。

 

 

・頭皮を築けるような行為を定期的に行ってしまう

 

パーマ液やカラーリング剤で糖化する可能性もあります。

 

定期的にパーマやカラーリングを実施している方は、頭皮が弱りやすいですが、実際に糖化現象が起きていると考えられるのです。

 

 

■頭皮の糖化現象を抑えるためにはどうしたら良いのか?

 

・頭皮の刺激を少なくする

 

紫外線対策を行ったり、パーマやカラーリングを辞める、といった方法があります。

 

頭皮を刺激を与えないわけです。

 

 

・食べ物に気をつけること

 

頭皮への刺激対策を行いつつも、糖が大きく関わっているので食事対策も行うべきです。

 

血糖値が急激に上がるような食べ物は控える、といったことが重要ですよ。

 

まずは野菜から食べる、なんて方法もあります。





注目の記事@実力の育毛剤を実際使ってみた↓↓